学校・学部・学科の選び方がわからない! やってみたい仕事・職業から進路を探したい
大学と専門学校のカリキュラムや授業は、どう違うんですか?(高1)
大学・短大のカリキュラムは「教養教育科目」と「専門科目」などに分かれています。低学年次に教養教育科目と専門科目の基礎を学び、高学年次には「ゼミナール(演習)」と呼ばれる授業を履修します。専門学校は、約8割が職業に関した専門教育。卒業までに「プロ」としての意識や技術を高めるところが特長です。
大学と短期大学の違いは、どのようなところですか?(高1)
大学は4年間(医・歯・薬・獣医学部は6年間)で、短大は2年間(一部医療系などは3年間)というように、修業年数が違います。このほか、大学は、特定の事柄をさまざまな視点から専門的に研究する機関、短大は大学よりも実際生活に密着した知識・技術が学べる機関、という特長があります。
そもそも「大学」って何ですか? 「職業」に直結していない学校ですよね。学校って、将来に役立つことを学ぶところじゃないんですか?(高3)
大学は、文学、環境、化学など、興味のある学問を幅広く学びながら、関心を持ったテーマについて専門的に研究するところ。特に法律、政治、臨床心理、教員養成、理工系の学問は大学が中心。また、医師や薬剤師など、大学でしか取得できない資格もあります。大学で学んだ知識を希望職の中で生かせる、と考えればいいと思います。
「科目等履修生」のメリットを教えてください。(高3)
大学・短大の講義を聴講できて、受講後は単位が認定されます。また、大学図書館や施設・設備を利用できる場合もあります。しかし、科目等履修生の有無や条件は、各大学によって大幅に異なるため、事前の確認が必須です。
専門学校の併修制度とは、どんな制度ですか?(高3)
専門学校で学びながら、大学や短大の通信教育部にも学籍を置く制度のことです。これによって、専門学校と大学・短大両方の卒業資格取得が得られます。同時に2校分の学習をすることになるので、忙しさは増しますが、専門学校の授業だけでは取得できない資格にもチャレンジできるなど、メリットが高い制度といえます。
インターンシップ制度とは、どういう制度ですか?(高3)
インターンシップとは、学校が研修先として提携した企業で、学生が実際の仕事を体験するプログラムです。大学・短大・専門学校ともに、インターンシップを取り入れる学校が増えています。さらに、インターンシップに参加した学生に、所定の単位を認める学校も多くなっているようです。
交換留学制度とは?(高1)
交換留学制度は、留学制度の一つです。大学が、海外の大学と単位互換協定を結んでいる場合、大学同士で学生を交換する交換留学制度があります。交換留学期間は1年程度という場合が多いのですが、留学先での取得単位が認定されるため、4年間での卒業が可能となっています。
進学後、サークル活動をしたいのですが、専門学校はサークル活動がないというのは本当ですか?(高2)
サークル活動は大学・短大に限定されていると思っているかもしれませんが、専門学校のサークル活動も組織化され、競技別に対抗戦や全国大会が開催されているのです。また、デザイン系ならマンガやCGというように、専門分野に関連したサークルが活躍しているようです。詳しい活動内容については、各校に聞いてみましょう。
学校・学部・学科の選び方がわからない! やってみたい仕事・職業から進路を探したい&資格カタログ

大学と専門学校のカリキュラムや授業は、どう違うんですか?(高1)

大学・短大のカリキュラムは「教養教育科目」と「専門科目」などに分かれています。低学年次に教養教育科目と専門科目の基礎を学び、高学年次には「ゼミナール(演習)」と呼ばれる授業を履修します。専門学校は、約8割が職業に関した専門教育。卒業までに「プロ」としての意識や技術を高めるところが特長です。

大学と短期大学の違いは、どのようなところですか?(高1)

大学は4年間(医・歯・薬・獣医学部は6年間)で、短大は2年間(一部医療系などは3年間)というように、修業年数が違います。このほか、大学は、特定の事柄をさまざまな視点から専門的に研究する機関、短大は大学よりも実際生活に密着した知識・技術が学べる機関、という特長があります。

そもそも「大学」って何ですか? 「職業」に直結していない学校ですよね。学校って、将来に役立つことを学ぶところじゃないんですか?(高3)

大学は、文学、環境、化学など、興味のある学問を幅広く学びながら、関心を持ったテーマについて専門的に研究するところ。特に法律、政治、臨床心理、教員養成、理工系の学問は大学が中心。また、医師や薬剤師など、大学でしか取得できない資格もあります。大学で学んだ知識を希望職の中で生かせる、と考えればいいと思います。

「科目等履修生」のメリットを教えてください。(高3)

大学・短大の講義を聴講できて、受講後は単位が認定されます。また、大学図書館や施設・設備を利用できる場合もあります。しかし、科目等履修生の有無や条件は、各大学によって大幅に異なるため、事前の確認が必須です。

専門学校の併修制度とは、どんな制度ですか?(高3)

専門学校で学びながら、大学や短大の通信教育部にも学籍を置く制度のことです。これによって、専門学校と大学・短大両方の卒業資格取得が得られます。同時に2校分の学習をすることになるので、忙しさは増しますが、専門学校の授業だけでは取得できない資格にもチャレンジできるなど、メリットが高い制度といえます。

インターンシップ制度とは、どういう制度ですか?(高3)

インターンシップとは、学校が研修先として提携した企業で、学生が実際の仕事を体験するプログラムです。大学・短大・専門学校ともに、インターンシップを取り入れる学校が増えています。さらに、インターンシップに参加した学生に、所定の単位を認める学校も多くなっているようです。

交換留学制度とは?(高1)

交換留学制度は、留学制度の一つです。大学が、海外の大学と単位互換協定を結んでいる場合、大学同士で学生を交換する交換留学制度があります。交換留学期間は1年程度という場合が多いのですが、留学先での取得単位が認定されるため、4年間での卒業が可能となっています。

進学後、サークル活動をしたいのですが、専門学校はサークル活動がないというのは本当ですか?(高2)

サークル活動は大学・短大に限定されていると思っているかもしれませんが、専門学校のサークル活動も組織化され、競技別に対抗戦や全国大会が開催されているのです。また、デザイン系ならマンガやCGというように、専門分野に関連したサークルが活躍しているようです。詳しい活動内容については、各校に聞いてみましょう。