第10回<2>

射手座と12人の仲間たち


>>>「星のインフォメーション」backnumberはこちら

 11月23日頃から12月21日頃までは射手座月(いてざづき)。そこで射手座への特別プレゼントとして、今回は「射手座と12の星座との人間関係」を紹介する。
 前回に述べた注意点をここでも述べておこう。
 人間関係と言っても、あくまでも「同じくらいの年令で、対等につき合っている人間関係」であって、年が離れていたり、先生と生徒のような立場が異なっている場合の人間関係ではない。
 また、小指につながれた赤い糸ではないが、どんな友だちを持つかは、あらかじめ決められているというのが占星術。つまり相性が悪いといわれている人に友だちとして非常にひかれることは十分にあり得ること。これから紹介する蠍座と12の星座との人間関係はいわば友だちとの相性じゃが、相性が悪そうに書かれている友だちでも、仲良しならば疎遠になってはいけない。逆に運命に従った絆と考えたほうがいいいじゃろう。その友だちは一緒に運命を作っていく人物じゃからな。
 利害関係のない今は、ふつうにつき合うかぎり、皆いい人じゃ。また、さまざまな人間とつきあうことによって人生や人間の修行にもなる。この相性の説明は、そうした考えの一つの参考として受け止めておこう。

 

 

牡牛座 | 牡牛座 | 双子座 | 蟹座 | 獅子座 | 乙女座 | 天秤座 | 蠍座 | 射手座 | 山羊座 | 水瓶座 | 魚座


 


射手座から見た牡羊座の仲間


射手座から見た牡牛座の仲間


射手座から見た双子座の仲間

射手座にとってこの人はとても好きな友だちじゃろう。この人は射手座に劣らずぶしつけでぶっきらぼうで、ちょっと乱暴じゃから、同じタイプの人間として安心できる。しかも、この人には自分にない決断力とか実行力、それに何といっても羨ましいほどの強さがある。この強さは、ときに神経質で気が小さくなる射手座には救いになるじゃろう。また、この人は裏表がなく、あったとしても単純な裏で、人の心の裏を読まない射手座としてはとても心が休まる。いい友だちになるじゃろう。万一、この人と対立したときは、その対立を通して何らかの修行の機会を与えられていると考えよう。この人の言うことを頭から否定せず、もう一度考えよう。批判の言葉は苦い薬のようなもの。飲むと人間的に成長できる可能性がある。

何となく向こうから近づいてくるパターンが多いじゃろう。あまり意識しないけれどいつの間にか友だちになっている感じじゃ。この人はとても親切で面倒見がいいと思うはずじゃ。しかし射手座にはこの人が自分のどこを気に入って友だちになっているのかちょっとわからない感じではないかな。ただ自分が気に入られているというのはわかっていても、どこか友だちとしての意識が違う。たとえば、射手座が別の友だちとつき合うとこの人はあからさまにいやな顔をしたりするから自由なつき合いを好む射手座としては、びっくりしてしまう。こうした意識のずれがあるようじゃ。この人は友だちとして非常に忠実な人。射手座はこの人が自分の何に価値を見いだしているかを知り、それを覆すような振舞いを慎もう。

とても仲良しか、気に入らないかの極端な間柄になってしまうようじゃ。気に入っている場合はお互い楽しいおしゃべりが大好きで、屈託がなく、遠慮も気兼ねもない。この人と話していると時間を忘れるほどじゃ。とくに双子座が異性のときはこの傾向が強い。さらに、たとえば弱虫がいじめっ子に対抗するために連合するような、そうした組み合わせのときも友情が堅くなる。これらの反対で、気に入らない場合は、なぜかすべてが気に入らないようじゃ。この人のいい加減さ、軽薄さ、あきれるほどの要領のよさ、しかも責任回避のうまさ。どれをとってもシャクにさわるじゃろう。しかし、この場合でも射手座は相手も同じくらい自分に対して悪い感情を持っているだろうと思い込むが、この人はそうした感情も軽い場合が多く、射手座が思っているよりも、気にしていないことが多い。まあ、あまり深刻に考えなくていいじゃろう。

 


 


射手座から見た蟹座の仲間

 


射手座から見た獅子座の仲間

 


射手座から見た乙女座の仲間

射手座はこの人に何となく興味を持つようじゃ。つき合うのに気楽なのかもしれない。射手座のぶっきらぼうな態度もこの人はやんわりと受け止めてくれる。またこの人は世話焼きのところがあって、射手座は世話を焼かれるのが心地よくて、つい利用とまではいかないが、甘えてしまいそうじゃ。射手座はこの人のプライドの高さをよくわかっているので、それを傷つけないようにつき合うことができる。ただ、ときにこの人があまりに感情的でえこひいきになるのを見て、がっかりすることがありそうじゃ。そして、この人の情感的なところでつながりを持とうとする友情に違和感を持つかもしれん。射手座がこの人を嫌うことはあまりないが、この人が射手座に失望して離れていくことはありがちなパターンじゃよ。この人には射手座の友情の示し方を理解してもらうよう努力しよう。

獅子座の人は射手座に対しては自分が兄貴かお姉さんのようにふるまいがちじゃが、射手座はそれを少しも嫌ではないようじゃ。かえって、自分をリードしてくれたり、自分をフォローしてくれるので安心できるし、信頼しているようじゃ。そしてその態度がこの人には心地よいから、とてもいい友だちになるじゃろう。実際、何かするときこの人にアドバイスを求めると、非常にいい助言をしてくれる。おまけにちょっとしたことなら、やってくれる。この人はほめられると自分が損になることでもやってしまうところがあるが、射手座はこの人のこの弱点を利用せず、しかも誠実にこの人をほめることができる。もし、この人が友だちならば、それは親友になるじゃろう。もし射手座とこの人がうまく行かないとすれば、どちらかが、あるいは両方が、うまくいかない結果を導いた自分の言動に対して、深く反省しなければいけないと言えそうじゃ。

 

射手座がこの人と仲良くなるには、趣味や興味が一緒の場合か、あるいは連合を組まなければならない場合かもしれない。この場合、この人の優しさと綿密さ、それにねばり強さなどに、射手座は敬意を払うことになる。うまくいかない場合は、射手座にとってこの人は、細かいことばかり言うし、頭が良さそうに振舞うけれど、単に知識を詰め込んでいるだけで、独創性はない。その上、発想は保守的でおもしろくないし、おまけに人の批判は腹が立つほど的確でグサリとくる、とても憎たらしい相手になってしまう。この人とうまくやるには、まずこの人のプライドを傷つけないこと。不作法な態度を慎むこと。そして、してくれたことに対して、必ず何かお返しをすること。そして、自分が物事の大局をつかんでおいて、この人に細部をまかせる。そうすればとてもいいパートナーになるじゃろう。

 


 


射手座から見た天秤座の仲間

 


射手座から見た蠍座の仲間

 


射手座から見た射手座の仲間

射手座からは少し困った人に映るが、何となくいい友だちになる関係じゃな。射手座にはこの人の欠点が良く見える。だから、つい忠告をしてしまう。しかし射手座の忠告はこの人を傷つけず、この人はかえって喜んで聞いているようじゃ。そんな態度も射手座には好ましく映るはず。二人の趣味も合うことが多く、この人は射手座のスケールの大きな考え方に敬意すら覚えるかもしれない。この人と一緒にいると、いつの間にか敵にもフェアであることや上品なマナーや人に好かれる態度などを学ぶ事ができそうじゃ。ただこの人は自分の手を汚すようなことはしたくないから、そのような場面になったら、射手座が汚れ役を引き受けてあげるとこの人は感謝する。ただそれを頻繁にやると、この人を甘やかすことになる。時にはこの人にも辛い役目を与えなければいけないかも。

この人と友だち関係にある人は、この人が射手座が考えるよりも、物事をよく知っているし、考えが深いと思ったほうがいいかもしれん。この人は内面が深い人で、単なるおとなしい人ではないんじゃ。射手座が無遠慮な言い方で、この人が静かなのをいいことに、つい批判めいた言葉を投げつけると、かなりきついしっぺ返しが来る。友だちとして、まだ、そういうしっぺ返しを受けていないのはこの人に「許されている」からだと思ったほうがいいかもしれない。この人とつき合う時は自分の発言に注意すること。本来この人はいい加減を許さない人じゃ。軽い気持ちでちょっかいを出すと火傷をしそうじゃ。本質的に射手座とこの人は接点が少ない星座だから、友だちづき合いは長続きしないかもしれん。

 

同じ趣味や目的を持ってつき合う時は、意見が一致して楽しいかもしれない。しかしつき合ううちに、何だか調子が噛み合わなくなるようじゃ。人は異なった発想におもしろさを感じるが、同じ星座だと同じ発想をするので、相手につまらなさを感じてしまいそうじゃ。また射手座は自分から友だちに連絡するほうではなく、どちらかというと受け身の友情じゃ。そして、いつも何かに夢中で、相手が連絡をとってこない限りほったらかしにしてしまう。さらに射手座は自分も他人も束縛しない。つまり、あまり人に執着しない。だから射手座同士の組み合わせでは、すぐに友だち関係が自然消滅してしまうかもしれない。しかし、互いに無害の人なので、憎みあうことはなく、絶交というわけでもない。時間がたった後でも、偶然会ったりすると昨日別れたかのような感じで話しはじめるじゃろう。

 


 


射手座から見た山羊座の仲間

 


射手座から見た水瓶座の仲間

 


射手座から見た魚座の仲間

射手座から見て、この人は仲良しになれる人じゃろう。おまけに、この人は射手座の多才さや実力を認めているかもしれん。しかも、この人は射手座のおっちょこちょいの性格を知っていて、お兄さんやお姉さんのようなフォローをしてくれることもありそうじゃ。射手座にとって、いい人のはずじゃ。ぶっきらぼうで不作法なところがある射手座は、この人の渋い感じのマナーを学ぶといいじゃろう。しかし、自由奔放な射手座じゃから、ときどきこの人の厳しいチェックが嫌になるときがありそうじゃ。また、この人は何だか保護者のようにふるまう傾向があり、それが少し束縛感になるかもしれん。じゃが射手座はこの人の堅実さ、時間に対する厳しさを学ぶべきじゃろう。いい先生になりうる人じゃ。そして、この人を射手座のユーモアで笑わそう。

射手座にとってこの人は年上の人のように感じられるのではないかな。同じ年なのに考えることが緻密でいつも一歩先をいく頭の良さがある。発想が変わっていておもしろく、この人の話は聞いていて飽きがこないじゃろう。射手座の発想など、この人にくらべれば、かなり保守的で古い感じがしてしまうかもしれない。だから、射手座にはこの人がいつも新鮮に思える。射手座もこの人も、とても友情に厚い人種じゃ。だからこの二人はすぐに友だちになるじゃろう。じゃが、二人とも、その友情は淡白で、連絡がない時はかなり時間がたっていることがありうる。この人とはもう少し頻繁に連絡を取り合おう。また、もし、水瓶座が近づいてきたら、相手が風変わりだったとしても、一応つきあってみることをすすめる。

 

射手座にとってこの人はどうにもつかまえどころがない感じじゃ。この人は優しい人で、意地悪したり、生意気な態度を見せたりすることは非常に少ないので、嫌うことはないじゃろう。しかし射手座はどちらかというとドライで、この人はウエット。射手座はぶっきらぼうだが、この人は繊細。長くつき合ううちに、どうにもソリが合わなくなるじゃろう。それと、ひょっとして射手座はこの人の芸術的な感性に嫉妬することもあるかもしれないな。しかしこの人だって、射手座の自分とは違った感性に一目おいているかもしれないぞ。ただ、もし射手座がおとなしいタイプだったら「類は友を呼ぶ」という感じで魚座と連合を組むときがある。その場合はとりあえずいいコンビになるじゃろう。また、この人とどうしても仲良くしなくてはいけないときは、この人は非常に優しい性格なので、この人の「同情」を得るようにすると、協力を得られるかもしれん。

−満天王topに戻る−