仕事人にきく!トップ画面へ戻る

この仕事に憧れたきっかけは?

もともと子どもと接する仕事がしたくて、幼稚園教諭になりました。 幼稚園勤務時代、実際に子どもたちと過ごしているうちに、 保育園や保育に興味を抱くようになったことがきっかけです。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

保育士資格取得に向けて動き出したのは幼稚園を退職してからです。 保育園に就職を考えるようになったのは、保育士の資格を取得し、 その後のことになります。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

通信教育で勉強した後、国家試験を受験し、資格を取得しました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

幼稚園とは異なり、早番遅番などが組み込まれているので、 シフトによっては出勤時間の変動が大きいことです。 それに、書類の記入がとても多いことですね。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

まずは、子どもたちの成長をじかに見られることですね。 人生の中でも大事な乳幼児期を預かることはとても重みがあるので、 常に緊張感が必要ですが、それだけに、子どもたちの成長には スタッフも感慨深いものがあります。 子どもたちとの生活はとても楽しいです。 子どものふとした発言や行動はなかなか笑えます。笑顔も最高です。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「せんせい大好き♪」。玄関で会った子に「一緒におててつないで帰ろうよ」 などと言われるとうれしいですね。これは担任をしていない子どもたちからの発言です。 現在、私は0歳児担任なのであまり言葉はないのです・・・。

保育士と幼稚園教諭はどう違うのですか?

☆管轄
 保:厚生労働省   幼:文部科学省

☆スタッフの必須資格
 保:保育士   幼:幼稚園教諭免許

☆根拠とする法令
 保:児童福祉法   幼:教育基本法

など、似ているようですが、違いはたくさんあります。
簡単にいうと、保育園は福祉の場で子どもの成長を支えているのです。
幼稚園は教育の場です。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

子どもたちの純粋さに触れ、私も毎日を新鮮に過ごしています。 体力も気力もフルにつかいますが、やりがいのある仕事です。 保育関係の勉強ももちろん大事ですが、それ以外のいろいろなことが 生かされる仕事です。ぜひ、学生時代にたくさんの体験をして 五感豊かな保育士となって子どもたちと触れあっていただきたいと思います。

仕事人にきく!トップ画面へ戻る

▶ この系統の学校一覧を見る

▶ トップ画面へ戻る

▶ 仕事解説はこちら

▶ 資格解説はこちら

この仕事に憧れたきっかけは?

もともと子どもと接する仕事がしたくて、幼稚園教諭になりました。 幼稚園勤務時代、実際に子どもたちと過ごしているうちに、 保育園や保育に興味を抱くようになったことがきっかけです。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

保育士資格取得に向けて動き出したのは幼稚園を退職してからです。 保育園に就職を考えるようになったのは、保育士の資格を取得し、 その後のことになります。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

通信教育で勉強した後、国家試験を受験し、資格を取得しました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

幼稚園とは異なり、早番遅番などが組み込まれているので、 シフトによっては出勤時間の変動が大きいことです。 それに、書類の記入がとても多いことですね。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

まずは、子どもたちの成長をじかに見られることですね。 人生の中でも大事な乳幼児期を預かることはとても重みがあるので、 常に緊張感が必要ですが、それだけに、子どもたちの成長には スタッフも感慨深いものがあります。 子どもたちとの生活はとても楽しいです。 子どものふとした発言や行動はなかなか笑えます。笑顔も最高です。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「せんせい大好き♪」。玄関で会った子に「一緒におててつないで帰ろうよ」 などと言われるとうれしいですね。これは担任をしていない子どもたちからの発言です。 現在、私は0歳児担任なのであまり言葉はないのです・・・。

保育士と幼稚園教諭はどう違うのですか?

☆管轄
 保:厚生労働省   幼:文部科学省

☆スタッフの必須資格
 保:保育士   幼:幼稚園教諭免許

☆根拠とする法令
 保:児童福祉法   幼:教育基本法
など、似ているようですが、違いはたくさんあります。簡単にいうと、保育園は福祉の場で子どもの成長を支えているのです。幼稚園は教育の場です。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

子どもたちの純粋さに触れ、私も毎日を新鮮に過ごしています。 体力も気力もフルにつかいますが、やりがいのある仕事です。 保育関係の勉強ももちろん大事ですが、それ以外のいろいろなことが 生かされる仕事です。ぜひ、学生時代にたくさんの体験をして 五感豊かな保育士となって子どもたちと触れあっていただきたいと思います。