仕事人にきく!トップ画面へ戻る

この仕事に憧れたきっかけは?

手塚治虫先生をはじめ、多くの先達の作品を読んでいたことがきっかけです。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

小学3年生からです。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

・ マンガ雑誌への投稿→佳作程度数回で、大学卒業後いったん挫折。
・ マンガ系の広告プロダクションで営業・編集などをやりつつ、多くのマンガ家や
 そのプロダクションの知己を得て(そこから仕事をいただけるようにもなり)独立。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

まったく同じです。『マンガ道』(藤子不二雄・著)はじめ、 マンガ家の姿を描写したマンガに描かれている内容に誇張はありません。 そうしたものを読んでおけば、最初から厳しいものだとわかるはずです。 想像以上に厳しい世界だという覚悟が必要です。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

自分でゼロから宇宙を描き出せるという、創造主になったかのような高潮感です。 マンガ家だけが、物語とビジュアルをたった一人ですべてを創造できるのです。 すべてを一人で創造できるという点では、文章のみでの表現をする人や、 絵だけでの表現をする仕事、映画監督のような監督者とは異なった面白さが 存在すると思います。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「この本がほしくて買いにきました」と、読者から言われたことです。

マンガ家とイラストレーターはどう違うのですか?

自分で絵も話も考え、ゼロからすべてを描き出せるのがマンガ家で、 依頼されたイメージに合わせて絵を描くのがイラストレーターです。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

地道なコツコツとした作業が「楽しい」と思える人だけが向いていると思います。 描き続けていると自分一人だけの世界に入り込んだような錯覚を覚えます。 この状態を私は「マンガーズハイ」と、個人的に呼んでいます。 この状態が感じられない人は、マンガ家に向いていないと思います。 マンガ家になりたい人は、自分がそこまで描き続けられるかどうか、を 見つめてみてほしいと思います。

仕事人にきく!トップ画面へ戻る

▶ トップ画面へ戻る

▶ この系統の学校一覧を見る

▶ 仕事解説はこちら

この仕事に憧れたきっかけは?

手塚治虫先生をはじめ、多くの先達の作品を読んでいたことがきっかけです。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

小学3年生からです。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

・ マンガ雑誌への投稿→佳作程度数回で、大学卒業後いったん挫折。
・ マンガ系の広告プロダクションで営業・編集などをやりつつ、多くのマンガ家や  そのプロダクションの知己を得て(そこから仕事をいただけるようにもなり)独立。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

まったく同じです。『マンガ道』(藤子不二雄・著)はじめ、 マンガ家の姿を描写したマンガに描かれている内容に誇張はありません。 そうしたものを読んでおけば、最初から厳しいものだとわかるはずです。 想像以上に厳しい世界だという覚悟が必要です。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

自分でゼロから宇宙を描き出せるという、創造主になったかのような高潮感です。 マンガ家だけが、物語とビジュアルをたった一人ですべてを創造できるのです。 すべてを一人で創造できるという点では、文章のみでの表現をする人や、 絵だけでの表現をする仕事、映画監督のような監督者とは異なった面白さが 存在すると思います。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「この本がほしくて買いにきました」と、読者から言われたことです。

マンガ家とイラストレーターはどう違うのですか?

自分で絵も話も考え、ゼロからすべてを描き出せるのがマンガ家で、 依頼されたイメージに合わせて絵を描くのがイラストレーターです。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

地道なコツコツとした作業が「楽しい」と思える人だけが向いていると思います。 描き続けていると自分一人だけの世界に入り込んだような錯覚を覚えます。 この状態を私は「マンガーズハイ」と、個人的に呼んでいます。 この状態が感じられない人は、マンガ家に向いていないと思います。 マンガ家になりたい人は、自分がそこまで描き続けられるかどうか、を 見つめてみてほしいと思います。