仕事人にきく!トップ画面へ戻る

この仕事に憧れたきっかけは?

短大時代、アルバイト先の小学生と、私の家で一緒に料理をする機会が ありました。そのときの料理体験がとても楽しく、小学生にも好評だったので、 「いつか料理を教える仕事がしたい」と思うようになったことがきっかけですね。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

短大を卒業する頃、「料理研究家の道をめざそうかな?」とも 思ったのですが、そのときはある企業から内定をもらっていたので、 その企業に勤めました。でも、どうしても料理の仕事をあきらめることが できなかったので、その後、会社を辞め、料理の道を真剣に考えました。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

調理師専門学校に入学し、調理師免許を取得した後、 料理学校の先生のところで勉強しました。 その間、ほかの料理学校も見て、いろいろな先生の 教え方も勉強しました。その後、自分で料理教室を開きました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

料理教室の仕事や料理の撮影などは、何時間も立ったまま作業をしたり、 大量の食材の買い出しがあるので、「体力」が必要だと思いました。 また、料理の試作や試食を何度もしなくてはならないので、 「丈夫な胃」も大事だと思いました。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

新しい料理を考え、何度も試作していくのは大変ですが、 オリジナルレシピが完成したときは、とても達成感があります。 また料理教室では、いろいろな人との出会いがあり、一緒に料理を 楽しむことができるので、そこにも大きなやりがいを感じます。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「料理」を通してたくさんの方と接する中で、いろいろうれしい言葉をいただきます。 その中でも、「自分でも料理を作ってみましたが美味しかったです!」、 「この料理教室に参加してとても楽しかったです!」と言われたときが一番うれしい ですね。そういう言葉をかけられると、何度も何度も試作をして大変だったことも忘れ、 「次もがんばろう!」という気持ちになります。

料理・菓子研究家とフードコーディネーターはどう違うのですか?

料理・菓子研究家はオリジナルの料理を考え、作ります。 また、料理教室などで料理を教える仕事もします。 フードコーディネーターは料理にかかわる広い範囲の仕事で、 例えば、撮影する料理に合う食器や小物を考え探し、料理をより 美味しそうに見せることを専門にしている人もいますし、 また、レストランメニューの提案や演出を専門にしている人もいます。 フードコーディネーターの活躍範囲はとても広いといえますね。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

「食べること」は人間が生きてい上で欠かせないことであり、楽しみでも あります。人に料理を教えるには、食にかかわるさまざまなことに興味を持ち、 勉強しながら、いろいろな料理(お菓子)に挑戦することが必要です。 何度も失敗し、繰り返し作っていくと、きっと自分の料理をみつけることが できるはずです。食べてくれた人の「美味しい!」という言葉を大事にしながら、 自分を信じてがんばってください。

仕事人にきく!トップ画面へ戻る

▶ トップ画面へ戻る

▶ この系統の学校一覧を見る

▶ 仕事解説はこちら

この仕事に憧れたきっかけは?

短大時代、アルバイト先の小学生と、私の家で一緒に料理をする機会が ありました。そのときの料理体験がとても楽しく、小学生にも好評だったので、 「いつか料理を教える仕事がしたい」と思うようになったことがきっかけですね。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

短大を卒業する頃、「料理研究家の道をめざそうかな?」とも 思ったのですが、そのときはある企業から内定をもらっていたので、 その企業に勤めました。でも、どうしても料理の仕事をあきらめることが できなかったので、その後、会社を辞め、料理の道を真剣に考えました。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

調理師専門学校に入学し、調理師免許を取得した後、 料理学校の先生のところで勉強しました。 その間、ほかの料理学校も見て、いろいろな先生の 教え方も勉強しました。その後、自分で料理教室を開きました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

料理教室の仕事や料理の撮影などは、何時間も立ったまま作業をしたり、 大量の食材の買い出しがあるので、「体力」が必要だと思いました。 また、料理の試作や試食を何度もしなくてはならないので、 「丈夫な胃」も大事だと思いました。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

新しい料理を考え、何度も試作していくのは大変ですが、 オリジナルレシピが完成したときは、とても達成感があります。 また料理教室では、いろいろな人との出会いがあり、一緒に料理を 楽しむことができるので、そこにも大きなやりがいを感じます。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「料理」を通してたくさんの方と接する中で、いろいろうれしい言葉をいただきます。 その中でも、「自分でも料理を作ってみましたが美味しかったです!」、 「この料理教室に参加してとても楽しかったです!」と言われたときが一番うれしい ですね。そういう言葉をかけられると、何度も何度も試作をして大変だったことも忘れ、 「次もがんばろう!」という気持ちになります。

料理・菓子研究家とフードコーディネーターはどう違うのですか?

料理・菓子研究家はオリジナルの料理を考え、作ります。 また、料理教室などで料理を教える仕事もします。 フードコーディネーターは料理にかかわる広い範囲の仕事で、 例えば、撮影する料理に合う食器や小物を考え探し、料理をより 美味しそうに見せることを専門にしている人もいますし、 また、レストランメニューの提案や演出を専門にしている人もいます。 フードコーディネーターの活躍範囲はとても広いといえますね。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

「食べること」は人間が生きてい上で欠かせないことであり、楽しみでも あります。人に料理を教えるには、食にかかわるさまざまなことに興味を持ち、 勉強しながら、いろいろな料理(お菓子)に挑戦することが必要です。 何度も失敗し、繰り返し作っていくと、きっと自分の料理をみつけることが できるはずです。食べてくれた人の「美味しい!」という言葉を大事にしながら、 自分を信じてがんばってください。