スタイリストJKさん(女性)にインタビュー仕事人にきく!トップ画面へ戻る

この仕事に憧れたきっかけは?

子どもの頃に観た映画の主人公の職業が、撮影現場かTV局の裏方の仕事だったのですが、それに興味を持ったのがきっかけでした。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

中学生頃です。親の反対もありましたが、高校卒業後ファッション系の専門学校に行きたかったので、高校は学費の安い公立を受験して経済的負担を軽くしようとしたり、語学力も必要と思い英検を受けたりしました。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

高校卒業後、現役スタイリストの夜間のスタイリスト塾に通い、日中は事務職をしていました。
塾を卒業後、広告写真スタジオに就職し、約6年後にフリーランスとして独立しました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

センスや感覚の職業だと思っていましたが、意外に一般常識が必要なことが多かったところですね。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

仕事の内容によっていろいろなコーディネートやグッズ選びが出来ること!その代わり、いろいろな知識や情報に対して、常にアンテナを張っていなくてはなりません。それから、人との出会いも楽しさの一つです。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

撮影現場などでディレクターやカメラマンなどに、集めてきたモノやセッティングを見せて「これいいねぇ〜」と、言われたときなどですね。

スタイリストとファッションアドバイザーはどう違うのですか?

スタイリストは、その場で求められる人物像や職業、趣味などを考慮した上で対象になる方のコーディネートをしていく仕事です。ファッションアドバイザーは、お客さまの個性に合わせて洋服のコーディネートについてアドバイスして販売する人といえるでしょう。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

センスを磨いたり 、いろいろな情報を収集するのはもちろんのことですが、人との信頼関係から成り立っているような職業だと思います。ですから、一般常識はとても重要ですよ!あと、体力も必要です。ときとして現場を盛り上げるムードメーカー的な仕事もあるので、雰囲気づくりのできる存在にもなってほしいと思います。

仕事人にきく!トップ画面へ戻る

▶ トップ画面へ戻る

▶ この系統の学校一覧を見る

▶ 仕事解説はこちら

スタイリストJKさん(女性)にインタビュー

この仕事に憧れたきっかけは?

子どもの頃に観た映画の主人公の職業が、撮影現場かTV局の裏方の仕事だったのですが、それに興味を持ったのがきっかけでした。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

中学生頃です。親の反対もありましたが、高校卒業後ファッション系の専門学校に行きたかったので、高校は学費の安い公立を受験して経済的負担を軽くしようとしたり、語学力も必要と思い英検を受けたりしました。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

高校卒業後、現役スタイリストの夜間のスタイリスト塾に通い、日中は事務職をしていました。
塾を卒業後、広告写真スタジオに就職し、約6年後にフリーランスとして独立しました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

センスや感覚の職業だと思っていましたが、意外に一般常識が必要なことが多かったところですね。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

仕事の内容によっていろいろなコーディネートやグッズ選びが出来ること!その代わり、いろいろな知識や情報に対して、常にアンテナを張っていなくてはなりません。それから、人との出会いも楽しさの一つです。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

撮影現場などでディレクターやカメラマンなどに、集めてきたモノやセッティングを見せて「これいいねぇ〜」と、言われたときなどですね。

スタイリストとファッションアドバイザーはどう違うのですか?

スタイリストは、その場で求められる人物像や職業、趣味などを考慮した上で対象になる方のコーディネートをしていく仕事です。ファッションアドバイザーは、お客さまの個性に合わせて洋服のコーディネートについてアドバイスして販売する人といえるでしょう。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

センスを磨いたり 、いろいろな情報を収集するのはもちろんのことですが、人との信頼関係から成り立っているような職業だと思います。ですから、一般常識はとても重要ですよ!あと、体力も必要です。ときとして現場を盛り上げるムードメーカー的な仕事もあるので、雰囲気づくりのできる存在にもなってほしいと思います。