建築士HKさん(男性)にインタビュー仕事人にきく!トップ画面へ戻る

この仕事に憧れたきっかけは?

高専では土木を専攻しておりましたが、橋やトンネルなど土木構造物のデザインに興味を持ち、大学は建築学科を専攻しました。
大学では、高専から建築を学んできた友人が多く、彼らに感化され、建築探訪を始めることになりました。
この建築探訪がきっかけで「いつかは自分も探訪されるような街や建物を計画したい」という憧れが生まれました。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

大学に入ってからです。
特に、卒業後に進んだ大学院では社会と交わる機会も多くなり、実践に近い研究をさせてもらっていたことで、この仕事の醍醐味を知りました。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

高専卒業後、大学、大学院と進学し、卒業。
現在の会社に就職しました。
大学院では実践に近い技術を学ぶことができました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

大学や大学院では自分本位の部分がありましたが、実際の仕事では「お客さまの想いを形にする」という難しさを知りました。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

お客さまの想い、自分の哲学を折り重ね、一つのものを造り上げる過程が本当に面白く、やりがいを感じます。また、一人の技術者として、お客さまが抱えている悩みを相談してもらえるときは、一所懸命、応えたいという気持ちになります。
それが同時に“やりがい”や“面白さ”に変わるものだと思います。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「あなたに担当してもらえて本当に思い出深い、良いものができました」と言われたときはうれしかったです。

一級建築士と二級建築士はどう違うのですか?

双方とも国家資格ですが、一級建築士と二級建築士では取り扱うことのできる建物規模、材料が異なります。
具体的には、二級建築士では取り扱うことのできる階数や平米の制限があります。
一級建築士には制限がありません。
二級建築士は、所定の学歴に応じた実務経験年数(例:大学の建築学科を卒業すれば、即受験可能、高校の建築学科を卒業すれば3年)が必要となります。
建築に関する学歴がなくても、7年以上の実務経験があれば受験は可能です。一級建築士は、建築学科、土木学科などの所定の課程を修めた学歴と各学歴に応じた実務経験年数(例:大学の建築学科を卒業すれば2年、2年制の短大の建築学科を卒業すれば4年)が必要となります。
所定の学歴がなくても、二級建築士として4年以上の実務経験があれば受験は可能です。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

お客さまの想いを形にする仕事は、本当にやりがいのある仕事だと思います。
くじけてしまうことも多々あると思いますが、継続こそが自分のなりたい道を切り開く唯一のものだと思います。
志を同じくする仲間をいっぱいつくって頑張ってください。

仕事人にきく!トップ画面へ戻る

▶ この系統の学校一覧を見る

▶ トップ画面へ戻る

▶ 仕事解説はこちら

▶ 資格解説はこちら

建築士HKさん(男性)にインタビュー

この仕事に憧れたきっかけは?

大学に入ってからです。
特に、卒業後に進んだ大学院では社会と交わる機会も多くなり、実践に近い研究をさせてもらっていたことで、この仕事の醍醐味を知りました。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

大学在学中、就職活動をしていた頃からです。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

高専卒業後、大学、大学院と進学し、卒業。
現在の会社に就職しました。
大学院では実践に近い技術を学ぶことができました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

大学や大学院では自分本位の部分がありましたが、実際の仕事では「お客さまの想いを形にする」という難しさを知りました。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

お客さまの想い、自分の哲学を折り重ね、一つのものを造り上げる過程が本当に面白く、やりがいを感じます。また、一人の技術者として、お客さまが抱えている悩みを相談してもらえるときは、一所懸命、応えたいという気持ちになります。
それが同時に“やりがい”や“面白さ”に変わるものだと思います。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「あなたに担当してもらえて本当に思い出深い、良いものができました」と言われたときはうれしかったです。

一級建築士と二級建築士はどう違うのですか?

双方とも国家資格ですが、一級建築士と二級建築士では取り扱うことのできる建物規模、材料が異なります。
具体的には、二級建築士では取り扱うことのできる階数や平米の制限があります。
一級建築士には制限がありません。
二級建築士は、所定の学歴に応じた実務経験年数(例:大学の建築学科を卒業すれば、即受験可能、高校の建築学科を卒業すれば3年)が必要となります。
建築に関する学歴がなくても、7年以上の実務経験があれば受験は可能です。一級建築士は、建築学科、土木学科などの所定の課程を修めた学歴と各学歴に応じた実務経験年数(例:大学の建築学科を卒業すれば2年、2年制の短大の建築学科を卒業すれば4年)が必要となります。
所定の学歴がなくても、二級建築士として4年以上の実務経験があれば受験は可能です。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

お客さまの想いを形にする仕事は、本当にやりがいのある仕事だと思います。
くじけてしまうことも多々あると思いますが、継続こそが自分のなりたい道を切り開く唯一のものだと思います。
志を同じくする仲間をいっぱいつくって頑張ってください。