キャビンアテンダント(客室乗務員)KIさん(女性)にインタビュー仕事人にきく!トップ画面へ戻る

この仕事に憧れたきっかけは?

子どもの頃に観ていた、キャビンアテンダントを主人公にしたテレビドラマに影響されたことがきっかけです。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

大学在学中、就職活動をしていた頃からです。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

TOEIC650点以上を取得し、入社試験に臨みました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

学生時代に想像していたよりも、幅広い年齢層のスタッフたちと一緒に仕事をするところですね。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

「良いサービス」を追い求める、向上心に満ちたメンバーたちと充実した仕事ができるところがやりがいであり、楽しさですね。それに、海外のステイ先で各国の美味しい料理を楽しめることも、この仕事の面白さの一つだと思います。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「快適な旅をありがとう!」など、飛行機を降りる前、お客さまからわざわざ声をかけていただいたとき、とてもうれしいですね。

国際線のキャビンアテンダントと国内線のキャビンアテンダントはどう違うのですか?

その航空会社によって異なると思いますが、私が勤務している会社では、年度ごとに国際線と国内線の配置換えを行っています。ですから、国際線と国内線の業務自体の違いはそれほど大きくないと思います。
国際線は乗務時間が長いので、一人のお客さまとも何回か会話をする時間もあり、その方に合ったサービスをして差し上げられる機会を持てることもありますが、国内線の場合は数時間の乗務ですから、それぞれのお客さまが求めているサービスを瞬時に読み取ることが必要となります。特に国内線ではビジネスを目的とした方が多く、機内で休みたい方もたくさんいらっしゃるので個々の方への対応に気をつかいますね。乗務時間が短いほど、業務を急いで行うことが必要で、お客さまへのフォローや気づかいも増えると思います。
私の場合は、入社後2年間は国内線で、その後6年ほど国際線に乗務しています。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

「一期一会」を大切にしている人たちが集まっている職場です。「一期一会」を大切にした仕事がしたいと感じている人にぴったりだと思います。ぜひ私たちと一緒に、サービスの楽しさを追求してみませんか?

仕事人にきく!トップ画面へ戻る

▶ トップ画面へ戻る

▶ この系統の学校一覧を見る

▶ 仕事解説はこちら

キャビンアテンダント(客室乗務員)KIさん(女性)にインタビュー

この仕事に憧れたきっかけは?

子どもの頃に観ていた、キャビンアテンダントを主人公にしたテレビドラマに影響されたことがきっかけです。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

大学在学中、就職活動をしていた頃からです。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

TOEIC650点以上を取得し、入社試験に臨みました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

学生時代に想像していたよりも、幅広い年齢層のスタッフたちと一緒に仕事をするところですね。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

「良いサービス」を追い求める、向上心に満ちたメンバーたちと充実した仕事ができるところがやりがいであり、楽しさですね。それに、海外のステイ先で各国の美味しい料理を楽しめることも、この仕事の面白さの一つだと思います。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「快適な旅をありがとう!」など、飛行機を降りる前、お客さまからわざわざ声をかけていただいたとき、とてもうれしいですね。

国際線のキャビンアテンダントと国内線のキャビンアテンダントはどう違うのですか?

その航空会社によって異なると思いますが、私が勤務している会社では、年度ごとに国際線と国内線の配置換えを行っています。ですから、国際線と国内線の業務自体の違いはそれほど大きくないと思います。
国際線は乗務時間が長いので、一人のお客さまとも何回か会話をする時間もあり、その方に合ったサービスをして差し上げられる機会を持てることもありますが、国内線の場合は数時間の乗務ですから、それぞれのお客さまが求めているサービスを瞬時に読み取ることが必要となります。特に国内線ではビジネスを目的とした方が多く、機内で休みたい方もたくさんいらっしゃるので個々の方への対応に気をつかいますね。乗務時間が短いほど、業務を急いで行うことが必要で、お客さまへのフォローや気づかいも増えると思います。
私の場合は、入社後2年間は国内線で、その後6年ほど国際線に乗務しています。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

「一期一会」を大切にしている人たちが集まっている職場です。「一期一会」を大切にした仕事がしたいと感じている人にぴったりだと思います。ぜひ私たちと一緒に、サービスの楽しさを追求してみませんか?