今週は パーソナルトレーナーSWさん(女性)にインタビュー仕事人にきく!トップ画面へ戻る

この仕事に憧れたきっかけは?

自分の身体能力を上げるためにはどうしたら良いのか?」という疑問を解決するために始めた勉強が、パーソナルトレーナーに憧れるきっかけとなりました。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

21歳頃のことです。大学で英文科を専攻していたのですが、英語への興味がだんだん薄れてしまい、2年で中退しました。その後、自分の好きな「スポーツ」にかかわる勉強をしようと思いました。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

パーソナルトレーナーをめざして、体育系の専門学校に入学しました。入学と同時に、スポーツクラブでアルバイトも始め、指導経験を積んできました。パーソナルトレーナーの資格も勤務先のスポーツクラブで取得しました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

思っていた以上に、幅広い年齢層や多様なニーズに対応しなければいけなかったことですね。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

人の身体は、勉強してみて、指導をしてみて、はじめて分かることがたくさんあります。身体の仕組みや動きについて、新たな発見をすることがこの仕事の一つの楽しみといえます。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「また、楽しみにしています」という言葉です。
身体を動かすことを「楽しい」と感じてくれた方からの言葉が一番うれしいです。

パーソナルトレーナーとスポーツインストラクターはどう違うのですか?

パーソナルトレーナーは、利用者一人ひとりに合わせた運動メニューを作成して、マンツーマンで指導を行う人です。スポーツインストラクターは、スタジオレッスンやウエイトトレーニングなど、スポーツを楽しむ人へ指導をする人です。
パーソナルトレーナーの個人指導は、30分、60分など、分単位で料金が設定されています。指導内容は多岐にわたりますが、パーソナルトレーナーはそれぞれ得意とする専門分野を持っています。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

パーソナルトレーナーは、個人の身体に「変化を与える」ため、たいへん責任のある仕事だと思います。ですから、まず自分の身体を動かし、知識や技術を修得するための、日々の努力が必要となります。常に向上心と探究心を持って、仕事に取り組むことが求められます。それができれば、だんだん理想のパーソナルトレーナー像に近づいて行けると思います。皆さんも粘り強く頑張ってください。

仕事人にきく!トップ画面へ戻る

▶ トップ画面へ戻る

▶ この系統の学校一覧を見る

▶ 仕事解説はこちら

今週は パーソナルトレーナーSWさん(女性)にインタビュー

この仕事に憧れたきっかけは?

自分の身体能力を上げるためにはどうしたら良いのか?」という疑問を解決するために始めた勉強が、パーソナルトレーナーに憧れるきっかけとなりました。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

21歳頃のことです。大学で英文科を専攻していたのですが、英語への興味がだんだん薄れてしまい、2年で中退しました。その後、自分の好きな「スポーツ」にかかわる勉強をしようと思いました。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

パーソナルトレーナーをめざして、体育系の専門学校に入学しました。入学と同時に、スポーツクラブでアルバイトも始め、指導経験を積んできました。パーソナルトレーナーの資格も勤務先のスポーツクラブで取得しました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

思っていた以上に、幅広い年齢層や多様なニーズに対応しなければいけなかったことですね。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

人の身体は、勉強してみて、指導をしてみて、はじめて分かることがたくさんあります。身体の仕組みや動きについて、新たな発見をすることがこの仕事の一つの楽しみといえます。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「また、楽しみにしています」という言葉です。
身体を動かすことを「楽しい」と感じてくれた方からの言葉が一番うれしいです。

パーソナルトレーナーとスポーツインストラクターはどう違うのですか?

パーソナルトレーナーは、利用者一人ひとりに合わせた運動メニューを作成して、マンツーマンで指導を行う人です。スポーツインストラクターは、スタジオレッスンやウエイトトレーニングなど、スポーツを楽しむ人へ指導をする人です。
パーソナルトレーナーの個人指導は、30分、60分など、分単位で料金が設定されています。指導内容は多岐にわたりますが、パーソナルトレーナーはそれぞれ得意とする専門分野を持っています。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

パーソナルトレーナーは、個人の身体に「変化を与える」ため、たいへん責任のある仕事だと思います。ですから、まず自分の身体を動かし、知識や技術を修得するための、日々の努力が必要となります。常に向上心と探究心を持って、仕事に取り組むことが求められます。それができれば、だんだん理想のパーソナルトレーナー像に近づいて行けると思います。皆さんも粘り強く頑張ってください。