仕事人にきく!トップ画面へ戻る

この仕事に憧れたきっかけは?

大学を卒業して地元の信用金庫に就職しましたが、より一人ひとりのお客さまに向き合う仕事がしたいと思い、転職を決意しました。 しかし、当時の私にはいわゆる“スキル”がなかったので、何かを身につけようと資格本を読みあさりました。そこで「ファイナンシャルプランナー」を知ります。お客さまにとって良いものを勧められるこの仕事が「自分に向いている」と思い、興味を持つようになりました。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

実際に学校に通い始めたのは、それから1年後くらいです。25歳のときでした。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

信用金庫に勤めながら土日に学校へ通い、資格を取得しました。しばらくは勤務を続けていましたが、その後、学校が縁で知り合った方の会社に就職させてもらうことになりました。それがいまの会社です。結局、信用金庫には丸5年勤めました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

お客さまは皆、自分の家計を見直すことに真剣なので、本当に良いものをお勧めするという責任感が重くのしかかることですね。ご要望にお応えできるよう日々研鑚に努めています

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

お礼の言葉をお客さまから言われたときほど、うれしいことはありません。「人は人のために生きることで本能的に喜びを感じる動物なのだなぁ」と、しみじみ思います。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「私に万一のことが何かあったら、娘をよろしくお願いします」 「父親の次に、KYさんの言うことをききます!(笑)」 「KYさんに出会えて、よかったです」 「(再診断で)やっぱりKYさんに相談してよかった」

ファイナンシャルプランナーと公認会計士はどう違うのですか?

公認会計士は「会計」の専門家です。企業の財務内容が正しく作成されているかとか、その内容を監査したりすることが仕事です。そうしたスキルを活用してコンサルティングを行ったりもします。 一方でファイナンシャルプランナーは、幅広い意味での「お金」の専門家です。個人に対してのコンサルティングが主な仕事です。 銀行や保険会社、証券会社の方が自己啓発の意味でファイナンシャルプランナーの資格を取得されているケースも多いです。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

高校生の皆さんは時間が多くあり、そして未知の能力を持っています。常に前向きに、目標に向かって頑張ってほしいと思います。 もし、ファイナンシャルプランナーをめざすのであれば、いろいろなことに興味を持って、たくさんのことを経験してほしいと思います。自分自身の人生経験は相談の役に立ちます。実践する勇気のある大人になってほしいです。頑張ってください!

仕事人にきく!トップ画面へ戻る

▶ この系統の学校一覧を見る

▶ トップ画面へ戻る

▶ 仕事解説はこちら

▶ 資格解説はこちら

この仕事に憧れたきっかけは?

大学を卒業して地元の信用金庫に就職しましたが、より一人ひとりのお客さまに向き合う仕事がしたいと思い、転職を決意しました。 しかし、当時の私にはいわゆる“スキル”がなかったので、何かを身につけようと資格本を読みあさりました。そこで「ファイナンシャルプランナー」を知ります。お客さまにとって良いものを勧められるこの仕事が「自分に向いている」と思い、興味を持つようになりました。

この仕事を本気でめざしたのはいつ頃から?

実際に学校に通い始めたのは、それから1年後くらいです。25歳のときでした。

その後、どのような道のりでこの仕事に就きましたか?

信用金庫に勤めながら土日に学校へ通い、資格を取得しました。しばらくは勤務を続けていましたが、その後、学校が縁で知り合った方の会社に就職させてもらうことになりました。それがいまの会社です。結局、信用金庫には丸5年勤めました。

想像していた(思っていた)仕事内容と 違ったところはありましたか?

お客さまは皆、自分の家計を見直すことに真剣なので、本当に良いものをお勧めするという責任感が重くのしかかることですね。ご要望にお応えできるよう日々研鑚に努めています。

この仕事のやりがい、面白さを教えてください。

お礼の言葉をお客さまから言われたときほど、うれしいことはありません。「人は人のために生きることで本能的に喜びを感じる動物なのだなぁ」と、しみじみ思います。

仕事をしている中で、うれしかった言葉はありますか?

「私に万一のことが何かあったら、娘をよろしくお願いします」 「父親の次に、KYさんの言うことをききます!(笑)」 「KYさんに出会えて、よかったです」 「(再診断で)やっぱりKYさんに相談してよかった」

ファイナンシャルプランナーと公認会計士はどう違うのですか?

公認会計士は「会計」の専門家です。企業の財務内容が正しく作成されているかとか、その内容を監査したりすることが仕事です。そうしたスキルを活用してコンサルティングを行ったりもします。 一方でファイナンシャルプランナーは、幅広い意味での「お金」の専門家です。個人に対してのコンサルティングが主な仕事です。 銀行や保険会社、証券会社の方が自己啓発の意味でファイナンシャルプランナーの資格を取得されているケースも多いです。

この仕事に憧れている&めざしている高校生に メッセージをお願いします。

高校生の皆さんは時間が多くあり、そして未知の能力を持っています。常に前向きに、目標に向かって頑張ってほしいと思います。 もし、ファイナンシャルプランナーをめざすのであれば、いろいろなことに興味を持って、たくさんのことを経験してほしいと思います。自分自身の人生経験は相談の役に立ちます。実践する勇気のある大人になってほしいです。頑張ってください!