医師 めざせる学校を探す 資格の取得方法をみる

医師とは・・・

人々の健康と生命を守る

時代とともに医療の進め方が変わっても、医師が医療の中核を担うことに変わりはありません。原則的にみれば、医師は医療についてほぼオールマイティな存在ということができます。

たとえば、診療科には内科、外科、小児科、眼科など数多くの種類がありますが、医師はすべての診療科を診ることができます。診療所が、メインの診療科以外に複数の診療科を掲げることがあるのはこのためです。

また、医療分野には看護師をはじめ、臨床検査技師、診療放射線技師など医療技術系専門職、理学療法士、作業療法士などリハビリテーション系専門職があり、それぞれ国家資格化されていますが、医師はそのすべての業務を行うことができます。

しかし、実際には、診療科についていえば特定の診療科を専門とし、ほかの診療科の医師と役割を分担しています。医療現場では、看護師やそのほかの医療スタッフとともに「チーム医療」を推進しています。

つまり、現代の医師は、自らの専門性を発揮するとともに、ほかの医師や医療スタッフとの連携も重視しながら医療に従事しているのです。

仕事の内容

医師の職場は、病院と診療所が中心になるが、
診療科によって求められる知識&スキルは異なる!

病院の医師【病棟】

医師は現在、免許取得後2年間の卒後研修が義務づけられていて、内科、外科、小児科、救急部門など基本となる診療分野を中心に研修します。通常はその後、自分の専門にしたい診療科に所属します。各診療科における医師の仕事は病棟と外来に大別され、大半の医師は両方を兼務します。若手の医師ほど病棟のウェイトが高く、外来は週に1日や半日というかたちになります。これは、外来では経験が重要になるからで、病棟中心に経験を積み重ねると外来のウェイトが増えていきます。

病院の医師【外来】

外来の医師は、まず患者の話を聞き、診察をし、必要な検査をします。当日できる検査には、採血、尿検査、レントゲン、超音波検査、心電図などがあります。最近はこうした検査も30分内外で結果が出るので、その結果を踏まえて病状を判断します。すぐにできない検査は、再度来院してもらいます。そして、必要な処置や薬の処方をし、入院が必要な場合は病棟にバトンタッチします。

外来では、経験に基づく的確な診療能力が求められます。入院が必要なのか外来で対応するのかといったことを短時間で判断しなければならないからです。そのため病棟で経験を積み、どういう状態なら入院なのか具体的にイメージできるようになることが求められます。

カリキュラムのイメージ

▼教育機関を選んでクリックしてください。(※別窓で一覧が表示されます)

大学   短期大学   専門学校ほか

※灰色の教育機関では、めざせる学科がありません。