他の系統を見る
職業&仕事カタログ この系統の学校一覧を見る
しごと系統

ビジネス業界

職業カタログ

資格カタログ

職業カタログ

1  営業スタッフ

顧客のニーズをキャッチし、自社が取り扱う商品を効率的に販売したり、取引先から仕事を請け負ったりすることが業務になります。商品の見積書や企画書を持参し、商談や商品説明のために顧客を訪問します。営業活動をスムーズに進めるには、自社商品の豊富な知識に加え、相手の要望に沿ってさまざまな提案ができる柔軟な思考が必要です。

2  海外事業部門スタッフ

日本の企業が海外に設立した支店や現地法人(その国に登記された法人)で働くのが海外事業部門スタッフです。国内外の情勢やニーズを分析して海外での活動計画の妥当性を検証したり、市場開拓や販売状況の管理・分析、経理などの事務処理を行ったりします。各種語学力やコミュニケーション能力に加え、創造力や情報収集力も欠かせません。

3  企画開発スタッフ

世の中にまだないモノやサービスを発見し、新しい商品としてかたちにするのが企画開発スタッフの仕事です。商品そのものだけでなく、商品名やパッケージデザインの提案、販売を促進するためのキャンペーンや、販売に至るスケジュールの立案など、新商品が生まれる過程にトータルに携わります。時代のニーズをつかむ洞察力や、企画立案力が必要です。

4  経営コンサルタント

企業の現状から問題点を探り、経営方針や実務の改善に反映させることが、経営コンサルタントの仕事です。企業や組織、個人から依頼を受け、管理・市場調査・会計・財務の4つの分野から経営状態を総合的に診断。経営戦略の問題点や改善点についてのアドバイスを行います。また、このほか、新しい経営システムをプロデュースする場合もあります。

5  経理スタッフ

経理スタッフは企業における金銭管理の業務を担当します。日常的には出入金伝票や振替伝票などを起票して現金出納帳に記帳し、毎月、各帳簿を勘定科目ごとに集計します。決算期には、残高試算表や損益計算書などを作成したり、次年度の予算を編成するために必要な資料を作成したりもします。簿記や会社経営に関する知識があるとよいでしょう。

6  公認会計士
    【必要な資格】 公認会計士  資格カタログを見る資格カタログを見る

企業が発表する財政状況や経営成績などの財務書類が本当に正しいものであるかどうかを、第三者的な立場からチェックする(監査証明業務)のが公認会計士の仕事です。この監査証明業務は公認会計士でなければできない独占業務とされています。また、公認会計士は税理士の資格も与えられているため、通常、税務にかかわる業務も同時に行います。

7  広報・宣伝スタッフこの職業のインタビューを見る

企業の広報部などで、自社商品や展開しているブランドを社外へアピールするのが広報・宣伝スタッフの仕事です。PRしたい商品について、どのように売り出していくかという戦略を立て、広告やWebサイトに掲載したり、マスコミとの折衝にあたったりします。また、商品だけでなく、企業イメージの向上に努めるのも広報・宣伝スタッフの役割です。

8  市場調査(マーケティング)スタッフ

商品を流通させるためには、その商品のニーズや市場規模、購買層などを調査(マーケティング)しなければなりません。その調査結果を分析し、商品開発や販売戦略に活用できるデータを作成するのが市場調査スタッフです。マーケティングのみならず商品のコンセプトづくり、価格設定、販売促進という商品開発の一連の流れに携わる場合もあります。

9  商品販売(ショップ)スタッフ

百貨店、スーパーマーケット、ディスカウントストアといった小売店の店頭で、訪れた客に商品を説明し、販売するのが商品販売スタッフです。客と話をしながら好みに合う商品を紹介するため、豊富な商品知識とコミュニケーション能力が必要になります。販売だけでなく、商品の補充や、季節に合ったディスプレイなどを手がける場合もあります。

10  税理士 
    【必要な資格】 税理士  資格カタログを見る資格カタログを見る

企業や個人の納税相談に応じ、また税務署へ提出する納税書類を作成するなど、税務上必要となる仕事を代行するのが税理士。企業の会計システムについての指導や経営相談などに応じる場合もあります。このほか、国税庁などに提出する書類の作成も行います。税法について熟知していること、事務処理能力にすぐれていることが求められます。

11  総務スタッフ

社員の労働管理、労働環境の整備、社外に対する窓口としての機能などが総務スタッフの主な仕事。具体的には、社員名簿やタイムカードの管理、社内設備・備品のチェックと補充、社内報の作成や定例会議の開催といった社内情報管理、来客への対応などがあります。経営のサポート業務から社外的な対応業務まで、非常に幅広い仕事に取り組みます。

12  バイヤー

百貨店、スーパーマーケットなどの小売業者で、商品の仕入れを担当するのがバイヤーです。仕入れる商品の種類、仕入先と数量、価格について商談し、搬入方法や支払スケジュールなどを決定します。百貨店の場合、まず商品管理部などで商品や流通の基礎知識を学び、その後、仕入部に配属されてからバイヤーとして活躍するケースが多いです。

13  秘書

多くの業務に追われて日々忙しい、社長、重役などの経営幹部や、医師、教授など専門的・管理的な仕事に従事する人たちが、自分の仕事に集中できるよう、日常業務にともなう身辺事務や雑務を行うのが秘書です。スケジュールの管理、情報収集、出張準備など仕事は広範囲におよびます。的確な判断、細やかな配慮が必要とされる仕事です。

14  ファイナンシャルプランナー  この職業のインタビューを見る
    【必要な資格】ファイナンシャル・プランニング技能検定  資格カタログを見る資格カタログを見る

貯蓄やローン、保険、税金といったお金に関する総合的なアドバイスをする人をファイナンシャルプランナーといいます。特に貯蓄や保険といった一個人には運用の難しい金融商品について、必要なものと不要なものを見分け、個人の収入や資産、家族構成、人生設計などを踏まえて、資産運用方法や生活設計プランを立案するのが主な仕事です。

15  不動産取引スタッフ

建物や土地の売買が適切な価格で取引されるよう、仲介に立つことが不動産取引スタッフの仕事です。また、賃貸物件の仲介業務も担当します。不動産の売買・賃貸の契約時には、取引の当事者に対して取引物件に関する重要事項(物件の規模・敷地、所有権、電気・ガス・水道設備などに関すること)を書面で説明することも重要な仕事の一つです。

16  マーチャンダイザー

各企業で、マーケティングのデータ(顧客や消費者の要望、流行の動向などを調査したデータ)に基づき、商品開発や仕入、商品販売計画の立案、予算管理を行うのがマーチャンダイザー。取り扱う商品の魅力的なラインナップを考える中心的役割を担います。営業や販売部門で経験を積んだ後に、マーチャンダイザーとして活躍するケースが多いです。

資格カタログ

Excel表計算処理技能認定試験

Microsoft社の表計算ソフト「Microsoft Excel」を用いた表計算処理に関する技能の習熟度と、ビジネスへの展開能力を認定するための試験。1~3級がある。

公認会計士 [国家資格]

公認会計士として働くための必須資格。試験は短答式と論文式に分かれており、それぞれ財務、会計、監査、企業法、租税法などの必要知識について問う。

税理士 [国家資格]

税理士として働くための必須資格。簿記論や財務諸表論のほか、消費税法、法人税法、相続税法、所得税法などさまざまな税法に関する知識が求められる。

宅地建物取引主任者 [国家資格]

宅地や建物の売買取引にあたり、各事業所に置かなければならない主任者としての資格。土地構造、宅地や建物の権利その他に関する法令知識や実務技能を問う。

販売士検定

商品の陳列や接客技術、仕入管理など販売業に必要な知識を認定。1~3級があり、1級は筆記試験のほかに面接試験も行う。各級ともに5年ごとの更新制。

ビジネス能力検定(ジョブパス 旧:B検)

就職活動や社会人のキャリアアップを支援する検定試験。2013年度から内容を一部改定してジョブパスとして実施される。1~3級があり、1級はCBT試験(パソコンで受験する方式)のみで実施。

秘書検定

秘書としての資質や職務知識から、事務職としての一般知識、マナーまでを審査する。準1級を含めた1~3級の4段階があり、準1級以上は面接試験もある。

ファイナンシャル・プランニング技能検定 [国家資格]

顧客の資産に応じた貯蓄・投資などのプランの立案や相談業務を行うために必要な技能の程度を認定。1~3級に分かれ、それぞれ学科試験と実技試験がある。

簿記検定

企業や小売店の経営活動を記録・整理する作業を簿記といい、これについての技能を評価。企業の経理担当者に欠かせない資格で、1~4級に分かれている。

Word文書処理技能認定試験

Microsoft社の文書作成ソフト「MicrosoftWord」を用いたビジネス文書などの作成・処理技能と、ビジネス実務への展開能力をはかる試験。1~3級がある。
ビジネス業界
職業&資格カタログ

▶ この系統の学校一覧を見る

しごと系統

ビジネス業界

   職業カタログ

営業スタッフ

顧客のニーズをキャッチし、自社が取り扱う商品を効率的に販売したり、取引先から仕事を請け負ったりすることが業務になります。商品の見積書や企画書を持参し、 商談や商品説明のために顧客を訪問します。営業活動をスムーズに進めるには、自社商品の豊富な知識に加え、相手の要望に沿ってさまざまな提案ができる柔軟な思考が必要です。

海外事業部門スタッフ

日本の企業が海外に設立した支店や現地法人(その国に登記された法人)で働くのが海外事業部門スタッフです。国内外の情勢やニーズを分析して海外での活動計 画の妥当性を検証したり、市場開拓や販売状況の管理・分析、経理などの事務処理を行ったりします。各種語学力やコミュニケーション能力に加え、創造力や情報収集力も欠かせません。

企画開発スタッフ

世の中にまだないモノやサービスを発見し、新しい商品としてかたちにするのが企画開発スタッフの仕事です。商品そのものだけでなく、商品名やパッケージデザインの提案、 販売を促進するためのキャンペーンや、販売に至るスケジュールの立案など、新商品が生まれる過程にトータルに携わります。時代のニーズをつかむ洞察力や、企画立案力が必要です。

経営コンサルタント

企業の現状から問題点を探り、経営方針や実務の改善に反映させることが、経営コンサルタントの仕事です。企業や組織、個人から依頼を受け、管理・市場調査・会計・財務の4 つの分野から経営状態を総合的に診断。経営戦略の問題点や改善点についてのアドバイスを行います。また、このほか、新しい経営システムをプロデュースする場合もあります。

経理スタッフ

経理スタッフは企業における金銭管理の業務を担当します。日常的には出入金伝票や振替伝票などを起票して現金出納帳に記帳し、毎月、各帳簿を勘定科目ごとに集計します。 決算期には、残高試算表や損益計算書などを作成したり、次年度の予算を編成するために必要な資料を作成したりもします。簿記や会社経営に関する知識があるとよいでしょう。

公認会計士

【必要な資格】公認会計士 資格カタログを見る

企業が発表する財政状況や経営成績などの財務書類が本当に正しいものであるかどうかを、第三者的な立場からチェックする(監査証明業務)のが公認会計士の仕事です。この監査証明業務は公認会計士でなけ ればできない独占業務とされています。また、公認会計士は税理士の資格も与えられているため、通常、税務にかかわる業務も同時に行います。

広報・宣伝スタッフ

【仕事人にきく】この職業のインタビューを見る

企業の広報部などで、自社商品や展開しているブランドを社外へアピールするのが広報・宣伝スタッフの仕事です。PRしたい商品について、どのように売り出していくかという戦略を立て、広告やWebサイトに掲載したり、 マスコミとの折衝にあたったりします。また、商品だけでなく、企業イメージの向上に努めるのも広報・宣伝スタッフの役割です。

市場調査(マーケティング)スタッフ

商品を流通させるためには、その商品のニーズや市場規模、購買層などを調査(マーケティング)しなければなりません。その調査結果を分析し、商品開発や販売戦略に活用できるデータを作 成するのが市場調査スタッフです。マーケティングのみならず商品のコンセプトづくり、価格設定、販売促進という商品開発の一連の流れに携わる場合もあります。

商品販売(ショップ)スタッフ

百貨店、スーパーマーケット、ディスカウントストアといった小売店の店頭で、訪れた客に商品を説明し、販売するのが商品販売スタッフです。客と話をしながら好みに合う商品を紹介するため、豊富な商品知識と コミュニケーション能力が必要になります。販売だけでなく、商品の補充や、季節に合ったディスプレイなどを手がける場合もあります。

税理士

【必要な資格】税理士資格カタログを見る

企業や個人の納税相談に応じ、また税務署へ提出する納税書類を作成するなど、税務上必要となる仕事を代行するのが税理士。企業の会計システムについての指導や経営相談などに応じる場合もあります。このほか、国税庁などに提出する書類の作成も行います。税法について熟知していること、事務処理能力にすぐれていることが求められます。

総務スタッフ

社員の労働管理、労働環境の整備、社外に対する窓口としての機能などが総務スタッフの主な仕事。具体的には、社員名簿やタイムカードの管理、社内設備・備品のチェックと補充、社内報の作成や定例会議の 開催といった社内情報管理、来客への対応などがあります。経営のサポート業務から社外的な対応業務まで、非常に幅広い仕事に取り組みます。

バイヤー

百貨店、スーパーマーケットなどの小売業者で、商品の仕入れを担当するのがバイヤーです。仕入れる商品の種類、仕入先と数量、価格について商談し、搬入方法や支払スケジュールなどを決定します。 百貨店の場合、まず商品管理部などで商品や流通の基 礎知識を学び、その後、仕入部に配属されてからバイヤーとして活躍するケースが多いです。

秘書

多くの業務に追われて日々忙しい、社長、重役などの経営幹部や、医師、教授など専門的・管理的な仕事に従事する人たちが、自分の仕事に集中できるよう、日常業務にともなう身辺事務や雑務を行う のが秘書です。スケジュールの管理、情報収集、出張準備など仕事は広範囲におよびます。的確な判断、細やかな配慮が必要とされる仕事です。

ファイナンシャルプランナー

【仕事人にきく】この職業のインタビューを見る

【必要な資格】ファイナンシャル・プランニング技能検定 資格カタログを見る

貯蓄やローン、保険、税金といったお金に関する総合的なアドバイスをする人をファイナンシャルプランナーといいます。特に貯蓄や保険といった一個人には運用の難しい金融商品について、必要なものと不要なものを見分け、 個人の収入や資産、家族構成、人生設計などを踏まえて、資産運用方法や生活設計プランを立案するのが主な仕事です。

不動産取引スタッフ

建物や土地の売買が適切な価格で取引されるよう、仲介に立つことが不動産取引スタッフの仕事です。また、賃貸物件の仲介業務も担当します。不動産の売買・賃貸の契約時には、取引の当事者に対して取引物件に関する重要 事項(物件の規模・敷地、所有権、電気・ガス・水道設備などに関すること)を書面で説明することも重要な仕事の一つです。

マーチャンダイザー

各企業で、マーケティングのデータ(顧客や消費者の要望、流行の動向などを調査したデータ)に基づき、商品開発や仕入、商品販売計画の立案、予算管理を行うのがマーチャンダイザー。取り扱う商品の魅力的なラインナップを考える中心的役割を担います。営業や販売部門で経験を積んだ後に、マーチャンダイザーとして活躍するケースが多いです。

   資格カタログ

Excel表計算処理技能認定試験

Microsoft社の表計算ソフト「Microsoft Excel」を用いた表計算処理に関する技能の習熟度と、ビジネスへの展開能力を認定するための試験。1~3級がある。

公認会計士 [国家資格]

公認会計士として働くための必須資格。試験は短答式と論文式に分かれており、それぞれ財務、会計、監査、企業法、租税法などの必要知識について問う。

税理士 [国家資格]

税理士として働くための必須資格。簿記論や財務諸表論のほか、消費税法、法人税法、相続税法、所得税法などさまざまな税法に関する知識が求められる。

宅地建物取引主任者 [国家資格]

宅地や建物の売買取引にあたり、各事業所に置かなければならない主任者としての資格。土地構造、宅地や建物の権利その他に関する法令知識や実務技能を問う。

販売士検定

商品の陳列や接客技術、仕入管理など販売業に必要な知識を認定。1~3級があり、1級は筆記試験のほかに面接試験も行う。各級ともに5年ごとの更新制。

ビジネス能力検定(ジョブパス 旧:B検)

就職活動や社会人のキャリアアップを支援する検定試験。2013年度から内容を一部改定してジョブパスとして実施される。1~3級があり、1級はCBT試験(パソコンで受験する方式)のみで実施。

秘書検定

秘書としての資質や職務知識から、事務職としての一般知識、マナーまでを審査する。準1級を含めた1~3級の4段階があり、準1級以上は面接試験もある。

ファイナンシャル・
プランニング技能検定 [国家資格]

顧客の資産に応じた貯蓄・投資などのプランの立案や相談業務を行うために必要な技能の程度を認定。1~3級に分かれ、それぞれ学科試験と実技試験がある。

簿記検定

企業や小売店の経営活動を記録・整理する作業を簿記といい、これについての技能を評価。企業の経理担当者に欠かせない資格で、1~4級に分かれている。

Word文書処理技能認定試験

Microsoft社の文書作成ソフト「MicrosoftWord」を用いたビジネス文書などの作成・処理技能と、ビジネス実務への展開能力をはかる試験。1~3級がある。