★第324回
●星のインフォメーション
●星のターニングポイント
水瓶座と12人の恋人たち
>>>「星のインフォメーション」back numberはこちら

 

 今回の「星座別の恋人占い」は、1月21日頃から2月19日頃までが水瓶座月(みずがめざづき)ですから水瓶座の恋占いです。
  水瓶座と各星座の恋愛の相性、そして今から12か月、つまり次の水瓶座までの水瓶座の恋の進展と変化を占ってみましょう。

(注意)水瓶座の人は、自分が同じ水瓶座の人と恋愛をしていなくても、まず、水瓶座と水瓶座の組み合わせの恋愛運を読んでおきましょう。それは、水瓶座独自のこの12か月の恋愛運そのものです。独自の恋愛運を知っていれば、ほかの星座との関係でも参考になるでしょう。

 占星術ではだれと恋愛をして、だれと結婚をするかは決められています。ときには本当に一人で生きる人もいますが(だからと言って、その人が不幸だとは言えません)、まあ、結婚という形をとらなくても、ほとんどの人がちゃんとだれかと赤い糸で結ばれているようです(複数の人と結ばれていて、いくつかの恋をする人もいます)。

 恋愛と結婚もだいたい決まっています。だから、相性が悪くて、しかもそれを知っていても、どうしてもその人を愛してしまうことはよくあることです。それは、生まれたときの星の配置によるのです。この恋愛の相性占いは、一人ひとりに配置された星の中で「生命の星」だけを参考にしています。「生命の星」以外の残りの9つの星たちが相性の悪さをカバーし、さらには相性をよくしてくれている場合もあるのです。もちろんその逆もあります。

 だから、この占いで相性が悪そうだと思っても、すぐに別れてしまったり、恋の熱をさます必要はありません。逆に相性の悪い人と恋愛をしていて、どうしてもその人が好きだという気持を抑えられないのなら、それは星が運命としてその恋を動かしているのです。他の星たちが相性をよくしてくれているということです。自分の気持に素直になって自分の心に従うといいでしょう。

 しかし、「生命の星」の影響はとても強く、この占いで言われていることは、恋愛の中で必ず感じるでしょう。そのときは、「好きなのだけれど、どこか調子が噛み合わないと思ったら、こういう相性だったからなのだ」と思い、相手の欠点を大目に見てうまくやっていくようにしましょう。また、相性がいいのにどこか合わないという場合は、基本的にはとてもいいのですから、互いに理解して努力してみましょう。

 人間は運命をほんの少し調節することができます。相手をよく分かっていれば、たとえ失恋する運命にあっても、失恋の痛みを軽くするでしょう。今の恋人は人生の中で必然的に登場してきた人です。占いは「参考」として、今の恋を大切にし、自分の心に忠実に行動していきましょう。


 

 

 


 

牡羊座

★水瓶座からみた牡羊座の恋人
  出会った時は何だか少し乱暴でデリカシーがないように思ったかもしれませんが、(あるいは今でもそう思っているかもしれませんが)つき合っていくうちに、考え過ぎて迷路に入り込んだり、思い込みで判断しがちな水瓶座にとって、牡羊座の物の見方がいつも本質を突くようで、目からウロコのような経験をさせてくれることが分かるでしょう。少し乱暴と思えるやり方ですが、背中をボンと押してくれそうです。そして、押された水瓶座は最初は慌てるでしょうが、結果として物事が好転することが分かるでしょう。
  そうしたことから、尊敬心が芽生えて恋愛感情が生まれやすくなります。そして、恋人になってもどこか友だち感覚があって、友愛に近い恋愛になりそうです。二人ともベタベタする愛は苦手ですから、淡白でサバサバした関係を楽しむでしょう。悪くない相性です。注意したいのは、水瓶座はいろいろと考えを巡らして、相手の考えを読もうとしますが、牡羊座はあまり複雑に物事を考えません。深読みをしないことです。ただ、逆に牡羊座の少し単純な思考に、物足りなさを感じることもあるかもしれません。
●今後12か月の恋の進展
*牡羊座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2007年)の12月下旬から始まった恋愛、あるいは、その時期から変化した恋愛、そして、それ以降で、今年に始まる恋愛はいくぶん騒がしく、少し打算的な恋愛になるかもしれません。この恋愛運は今年一杯続きます。相手は、少し騒がしく、落ち着かない、陽気な人かもしれません。でも寛容な人のようです。
  去年(2007年)の9月上旬頃から始まった恋愛か、その頃に変化した恋愛は、少し「尽くし愛」の傾向が出ています。この恋愛は少し長引きます。2年ほど続きそうです。相手は真面目で、大人の雰囲気のある人のようです。ひょっとするとかなり年が離れているかもしれません。こうしてみると、今年は「打算的な恋愛」の陽気な人か、「尽くし愛」の真面目な人か、年長者かもしれませんね。
*恋愛の展開
  2月から3月中旬まで水瓶座はスター運とモテモテ運が続きます。恋愛でもかなり積極的で、秘密の恋愛の暗示も含めて、恋愛はとても好調です。その同じ時期、牡羊座は少し心配事を抱えているかもしれませんが、恋愛は中吉といったところで、二人は恋愛の温度差はあるものの、楽しい時期を過ごしそうです。
  時期が重なりますが、3月上旬から5月上旬にかけて、牡羊座は家や親、あるいはバイトのことでトラブル傾向です。水瓶座もケガや急病などの暗示があります。二人とも互いの思いやりが必要です。
  それでも、3月下旬から4月一杯、今度は牡羊座がスター運とモテモテ運が続きます。水瓶座もこのときは比較的順調なので、二人の恋愛も順調でしょう。
  4月下旬から5月下旬、水瓶座は家や親、あるいはバイトのことが問題のようです。牡羊座はお金が問題になりそうです。恋愛は現状維持でしょう。
  5月中旬から7月上旬にかけて、牡羊座は恋愛にかなり情熱的になります。でも、このとき水瓶座は対人関係やパートナーとの関係でトラブル傾向です。もし牡羊座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、ちょっとしたケンカがありそうですが、でも、ひょっとすると、ここでいうパートナーはバイトや学校での相棒のことかもしれません。なぜなら、5月下旬から6月下旬にかけて水瓶座は恋愛でとても幸福そうだからです。この時期、たぶん二人はアツアツでしょう。
  6月下旬から7月下旬、牡羊座は家や親、あるいはバイトのことで忙しいでしょう。水瓶座も体調が悪かったり、バイトが忙しかったりします。恋愛はその分、少し停滞しそうです。
  でも、7月中旬から8月下旬にかけて、牡羊座は恋愛でとても幸福そうです。このとき、水瓶座はバイト先での仕事のパートナーからのプレッシャーを受けたりして、少し不調なのですが、その不調をおして牡羊座を楽しませているようです。
  8月下旬から10月下旬にかけて牡羊座はパートナーとの間で問題を抱えたり、振り回されたりします。水瓶座は精神的に充実しています。外国旅行に行くかもしれません。もし牡羊座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、牡羊座は少しヤキモキしています。水瓶座は思いやりが必要です。
  10月下旬から12月下旬にかけて、こんどは牡羊座に精神的な充実感が出ます。これは恋愛にもいい影響を与えます。このとき水瓶座も楽しそうです。ただ、この間、牡羊座は秘密の恋愛の暗示があり、水瓶座にも家や親、あるいはバイトのことでのトラブルがあります。この期間は吉凶混合のようです。
  12月中旬から2009年1月一杯、水瓶座はモテモテ運とスター運が続きます。この間、牡羊座は父親や上司、あるいはバイトのことで問題があったり、トラブルがあったりします。ちょっと秘密の恋愛の暗示もあります。牡羊座はこうした事情の中で水瓶座を愛しているのでしょう。

 

牡牛座

★水瓶座からみた牡牛座の恋人
  水瓶座が牡牛座を好きになったとしたら、その牡牛座は細身で、おしゃべりが楽しい人だからではないでしょうか。また、水瓶座が牡牛座にゲットされたとしたら、その水瓶座は男性でも女性でも、透明感があって、少年少女風の雰囲気があるかもしれません。牡牛座はそんなタイプに弱いのです。
  しかし、つき合いが長くなるにつれて、牡牛座の即物的な面や、意固地な面が見えてくるようになります。そして考え方が保守的で、水瓶座の「発想そのもののおもしろさ」を楽しんでくれないところがつまらなく感じるでしょう。すぐに二人の価値観の違いが大きいことが分かり、心が離れていってしまう可能性があります。二人の会話には牡牛座の「そんなの嘘」という台詞が多く聞けそうですね。牡牛座は水瓶座の話すことがどこか現実離れしていて、何だか嘘をつかれているように感じているかもしれません。
  ただし、一度結びつくと、二人とも誠実なので長続きするようです。それは外面だけになります。そして、どちらかが浮気をしたり、つき合いや恋愛の「ルール違反」をしたときに、きっぱりと別れることになるでしょう。このときは二人とも頑固ですから、絶対に妥協や復縁はないようです。
●今後12か月の恋の進展
*牡牛座の今後12か月の恋愛傾向
  牡牛座には去年の9月頃に始まったか、あるいはその頃に変化した恋愛があり、それは「年長者、あるいは山羊座(山羊座タイプ)の人」との「しぶい落ち着いた恋愛」の暗示があります。これは、とてもいい感じの恋愛のようです。このいい感じの恋愛運は2年ほど続きます。その2年の間にそうした恋人が登場することもあるでしょう。また、前からの恋愛がそのように変化した人もいるでしょう。それまでの恋愛がいい方向で、渋い感じに変わるのかもしれません。恋愛が落ち着くということでしょうか。これも2年ほど続きます。少し長引きますが、ハッピーエンドにするなら、今年(2008年)一杯までに恋愛での何らかの完成をしておきましょう。
  もう一つ、2007年12月下旬から牡牛座には大きな恋愛運が出ました。これは精神的な成長が大きいことが原因なのですが、これはとても幸運な恋愛です。この時期に出会った人はとてもいい人です。高尚な人で、外国人の可能性もありそうです。この恋愛は2008年12月下旬まで続きます。それ以後、その恋愛は終わるか、別な形になっていくでしょう。こうして見ると、今年は「渋い恋愛」の真面目な年長者か、「幸運な恋愛」のいい人で外国人の可能性のある恋人が登場するかもしれませんね。
*恋愛の展開
  2月から3月中旬にかけて水瓶座はスター運とモテモテ運が続きます。おまけに恋愛にはかなり積極的です。そのとき牡牛座は父親や上司、あるいはバイトのことが問題だったり、急な出費があったりと、忙しそうです。水瓶座はこうした牡牛座の事情を理解しておきましょう。牡牛座はこうしたことをおして水瓶座を楽しませているようです。
  3月下旬から4月下旬にかけて、牡牛座は少し不安材料を抱えます。このとき水瓶座は勉強や旅に忙しそうです。あまり牡牛座を放っておいてはいけません。
  4月下旬から5月下旬にかけて、こんどは牡牛座がスター運とモテモテ運です。そのとき、水瓶座は家や親、あるいはバイトのことが問題だったり、そのことで振り回されています。こんどは水瓶座が自分の大変さをおして牡牛座を楽しませているようです。
  時期が重なりますが、5月上旬から7月上旬にかけて牡牛座は家や親、あるいはバイトのことでトラブル傾向です。水瓶座は対人関係やパートナーとの関係でトラブル傾向です。もし牡牛座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、互いに思いやりが必要です。
  5月下旬から6月下旬にかけて、水瓶座は恋愛で幸福な時期です。牡牛座は金運や物質運がいい時期です。水瓶座は牡牛座によいもてなしを受けているかもしれません。
  6月下旬から7月下旬にかけて、牡牛座は勉強や旅に忙しそうです。水瓶座は体調を崩したり、バイトが忙しかったりします。でも、7月上旬から9月下旬にかけて、牡牛座は恋愛で情熱的です。水瓶座も恋愛で官能的になっています。二人は忙しい生活をしながらも恋愛はアツアツのようです。
  時期が重なりますが、7月中旬から8月下旬にかけて、牡牛座はまた、家や親、あるいはバイトのことで問題やら振り回しがありそうです。水瓶座は対人関係やパートナーとの関係が問題です。この時期は互いに思いやりが必要です。
  さらに時期が重なりますが、8月下旬から10月上旬にかけて、水瓶座は精神的な充実感があり、これは恋愛にいい影響を与えます。このとき、牡牛座は体調を崩したり、バイトが忙しかったりしますが、それでも恋愛を楽しんでいるようです。
  いいこととよくないことが重なる場合は両方が起こる可能性のある吉凶混合の時期だと思ってください。
  10月上旬から11月下旬にかけて、牡牛座はパートナーとの間でトラブル傾向です。このとき水瓶座は父親や上司、あるいはバイトのことでトラブル傾向です。互いに思いやりが必要です。ただ、水瓶座は精神的にしっかりしていますし、牡牛座は恋愛で官能的になる時期もあり、恋愛はなんとか好調を保つでしょう。
  11月下旬から12月一杯、牡牛座は恋愛でかなり官能的で情熱的です。このとき水瓶座も楽しそうです。
  2009年1月、牡牛座は父親や上司、あるいはバイトのことで少し振り回されていますが、心が豊かで強くなっています。水瓶座はモテモテ運があったりスター運だったりします。ただ、水瓶座にはアクシデントや変質者からの迷惑、あるいは嫉妬に苦しむ暗示もあります。ですから恋愛は少し吉凶混合になるかもしれません。

 

双子座

★水瓶座からみた双子座の恋人
  もし相手が双子座だとわかったら、第一印象なんか気にしないで、とにかくつき合ってみましょう。すぐに楽しいおしゃべりが始まって、時間のたつのを忘れるほどになります。たとえ恋人にならなくても、異性のいい友だちになりそうです。
  つき合っていて、もし気に入らないことがあったら率直に指摘してあげましょう。双子座は指摘に対して感謝し、素直に指摘を受け入れるでしょう。そしてちゃんと直すでしょう。また、双子座は頭の回転が早く、センスもよく、水瓶座がときどき頑固になっても、それに上手に合わしてくれる。互いに自分の欠点を修正し、高め合うことができる相性なのです。
  つき合っていて、このコンビだといろいろと都合のよさが感じられるでしょう。水瓶座は双子座を支え、双子座は水瓶座を癒してくれる。双子座はその存在だけで水瓶座を敵から守ってくれる守護神のような星でもあります。この恋が成就するといいですね。
●今後12か月の恋の進展
*双子座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2007年)の12月下旬から始まった恋愛、あるいは、前からの恋愛でこの時期に変化した恋愛、そして今年のある時期に出会う恋人との恋愛は、かなり官能的になりそうです。その傾向は今年(2008年)一杯続きます。
  もうひとつ、2007年9月上旬か中旬に始まった恋愛は、これからも少し障害の出る恋愛になりそうです。すでに、その兆しを感じている人もいるかもしれません。家族に反対されたりして、つらい恋愛になりそうです。ときには失恋もあるかもしれません。これは2年ほど続きます。相手はかなり年長の人かもしれません。あるいはまじめ過ぎるようです。
  こうしてみると、今年出会う恋人は「官能的な恋愛」の恋人か、「少しつらい恋愛」の年長者か大人びた人のようですね。
*恋愛の展開
  2月から3月中旬にかけて水瓶座はスター運でモテモテ運です。恋愛にも積極的です。双子座もファイトがあり、精神的に充実していて、これが恋愛にいい影響を与えます。二人の恋愛は順調でしょう。ただ、水瓶座に秘密の恋愛の暗示があったり、双子座には父親や上司、あるいはバイトのことで忙しかったりしています。
  3月下旬から4月下旬にかけて二人とも恋愛は中吉です。手紙や電話やメールが恋愛の主役のようです。連絡を頻繁にとりましょう。
  4月下旬から5月下旬にかけて、双子座は不安材料を抱えたり、秘密の恋愛の暗示があったりします。このとき、水瓶座は家や親、あるいはバイトのことで忙しそうです。水瓶座は双子座の様子に注意してあげましょう。
  時期が少し重なりますが、5月中旬から7月上旬にかけて、水瓶座はパートナーとの間でトラブル気味です。このとき双子座は勉強や旅に忙しそうです。もし双子座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、水瓶座は少し我慢が必要かもしれません。とは、言っても、この間の5月下旬から6月下旬にかけて、水瓶座は恋愛で幸福です。双子座はスター運とモテモテ運です。二人はアツアツのようです。二人は忙しい生活をしながらも恋愛を楽しんでいます。
  時期が重なり、いいこととよくないことが重なるときは、両方が起こる可能性があります。
  6月下旬から7月下旬にかけて、水瓶座は体調を崩したりしています。双子座はなんだかお金が問題のようです。恋愛は停滞しそうです。
  時期が重なりますが、7月上旬から9月下旬にかけて、双子座は家や親、あるいはバイトのことでトラブル気味です。このとき水瓶座は恋愛で官能的になっています。水瓶座は双子座の事情を理解しておく必要がありそうです。
  でも、8月下旬から10月下旬にかけて、双子座は恋愛に情熱的です。このとき水瓶座も調子がよく、恋愛は好調です。
  10月下旬から11月下旬にかけて、双子座は体調を崩したり、バイトが忙しかったりパートナーに振り回されていそうです。水瓶座は父親や上司、あるいはバイトのことでトラブったり、問題があったりします。互いに思いやりが必要のようです。とくに11月中旬から12中旬にかけて水瓶座に秘密の恋愛の暗示があり、双子座にはパートナーとの間のトラブルとか問題があります。
  また、水瓶座は12月中旬から2009年1月上旬にかけてモテモテ運です。そのとき双子座はパートナーに振り回されっぱなしです。もし双子座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、よほど手加減が必要です。ただ、双子座は、この間、精神的な充実があります。双子座が振り回されるパートナーも恋愛の相手でなくバイトの相棒という可能性もあります。それなら二人の恋愛は好調でしょう。それにしても水瓶座は双子座を疎かにしないようにしましょう。
  時期が重なりますが、2009年1月一杯、水瓶座には嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示もあります。双子座はこのとき秘密の恋愛にはまる傾向があります。水瓶座はちゃんと双子座を見張っておくことです。

 

蟹座

★水瓶座からみた蟹座の恋人
  水瓶座は、なぜ蟹座が自分を好きになっているのか分からないでしょう。おまけに何だかいつも先手を打たれているように感じるでしょう。人によっては、その先手が何だか自分をフォローしてくれているように勘違いしているケースもあります。本当は利用されていることのほうが多いでしょう。ただ、注意したいのは蟹座が意図的に利用しようとしているかどうかは分からないことです。蟹座は基本的にはおだやかないい人です。
  蟹座は水瓶座に何だか潜在意識のようなものを刺激されるところがあって、本当の愛ではない感じで水瓶座を好きになりそうです。蟹座は水瓶座を向上させようとしてつき合うというより甘やかしてしまうでしょう。水瓶座にとってはそれがとても心地よく、便利で、都合がよく思えて、ついつい蟹座に頼ったり、わがままを言ったりしてしまいそうです。
  別のパターンでは、水瓶座は蟹座の上手な演技で、いろいろと貢ぐようになりそうです。そのどちらにしても、蟹座はまるでおもちゃに飽きるように水瓶座に飽きてしまうときがあります。そのときは本来は情の濃い蟹座なのに、簡単に水瓶座を捨ててしまいそうです。
●今後12か月の恋の進展
*蟹座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2007年)の12月下旬から始まった恋愛、あるいは前からの恋愛でこの時期に変化した恋愛では「恋人に振り回される傾向」が出ます。今年出会う恋人なら、大体そのような傾向が出るでしょう。もし蟹座にパートナーがいれば、その人に振り回されることは確実です。でも、恋人でもパートナーでも、面倒を見させられて疲れそうですが、楽しい部分もあるようです。新しく始まった恋愛での相手は朗らかで、大げさで、少し落ち着きがない人かもしれません。外国人の可能性もあるようです。これは今年(2008年)一杯続きます。また、2008年一杯の「振り回される恋愛運」は、結婚適齢期の人には「結婚運」になります。今年はいろいろな人と会うようにしましょう。
  また、かなり前からの恋愛では、去年の9月上旬から中旬にかけて、恋愛に「友愛」といった傾向が出ています。また、この時期に友人の紹介などで知り合う人が出てきたかもしれません。その人は真面目で大人びた人でしょう。ひょっとするとかなり年が離れていて、先生のような感じかもしれません。この傾向の恋愛は2年ほど続き、中吉の恋愛になるようです。こうして見ると今年出会う人は「振り回される恋愛」としての恋人か「友愛」としての恋人のようですね。
*恋愛の展開
  2月から3月中旬まで、水瓶座はスター運とモテモテ運が続きます。このとき蟹座は恋愛で官能的です。二人はアツアツかもしれません。でも同じ時期、蟹座は嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示もあります。さらにパートナーに振り回される傾向もあるのです。もし蟹座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、水瓶座は少しわがままを慎んだほうがいいかもしれません。
  3月上旬から5月上旬にかけて、蟹座はとてもファイトに満ちます。それに、3月下旬から4月下旬にかけて、精神的に充実するでしょう。これは恋愛にいい影響を与えます。このとき、水瓶座は体調が崩れたり、バイトが忙しくなっています。水瓶座は、少し無理をして蟹座につき合っているかもしれません。
  3月下旬から4月下旬にかけて、蟹座は父親や上司、あるいはバイトのことで問題を抱えます。ファイトも空回りしそうです。このとき蟹座は少し不調感がありそうだということを水瓶座は理解しておきましょう。
  4月下旬から5月下旬にかけて、今度は水瓶座が家や親、あるいはバイトのことで問題がありそうです。このとき、蟹座は友だちづき合いが楽しそうです。二人の恋愛は現状維持でしょう。
  時期が重なりますが、5月中旬から7月上旬にかけて、水瓶座はパートナーとの間でトラブル傾向です。そのとき蟹座は急な出費運の暗示があります。もし蟹座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、お金のことで蟹座からプレッシャーがあるかもしれません。
  でも、水瓶座は、この間、5月下旬から6月下旬にかけて、恋愛でとても幸福です。そのとき蟹座は、少し不安材料を抱えそうです。秘密の恋愛の暗示もあります。蟹座は何か秘密を抱えながら、水瓶座を楽しませているかもしれません。
  時期が重なり、いいこととよくないことが重なるときは、両方が起こる可能性があります。
  6月下旬から7月下旬、今度は蟹座がスター運でモテモテ運です。このとき、水瓶座は少し体調が悪いかバイトが忙しそうです。水瓶座はそれでも蟹座を喜ばせているようです。
  時期が重なりますが、7月上旬から9月下旬にかけて、水瓶座は恋愛で官能的になります。蟹座は、それを悪く思っていません。
  ここでも時期が重なりますが、7月下旬から8月上旬にかけて、水瓶座はまたパートナーに振り回されるでしょう。このとき蟹座は金運や物質運がいいようです。水瓶座は蟹座のお金のことで振り回されているかもしれません。
  8月下旬から10月下旬にかけて、水瓶座は精神的にとてもいい状態になります。外国旅行などの暗示もあります。このとき、蟹座は家や親、あるいはバイトのことが問題だったり、トラブル気味です。水瓶座はこうした蟹座の事情を理解しておきましょう。
  それでも、時期が重なりますが、蟹座は、9月下旬から11月下旬にかけて恋愛で幸福です。この期間、水瓶座は父親や上司、あるいはバイトのことで忙しいのですが、その忙しさをおして蟹座を喜ばせているのでしょう。少し疲れそうです。
  11月下旬から12月下旬にかけて、蟹座はパートナーに振り回されます。水瓶座には秘密の恋愛の暗示があります。あまり蟹座を心配させないこと。
  12月中旬から2009年1月一杯、水瓶座はモテモテ運とスター運が続きます。これは恋愛にもいい影響を与えます。一方、蟹座はパートナーに振り回され、2009年1月から2月上旬にかけて、パートナーとのトラブル運です。もっとも精神的にいい感じでもあるので、蟹座がトラぶるパートナーは水瓶座でなくバイトなどの相棒かもしれません。ただ、2009年1月一杯、水瓶座も嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示もあります。二人の関係は少し微妙かもしれません。

 

獅子座

★水瓶座からみた獅子座の恋人
  かなり強烈に惹かれるでしょう。獅子座は恋をドラマチックに演出し、獅子座が男性ならかなり強引に押してきます。女性なら、情熱的に意思表示をしてきそうです。そこにドラマがあるとさらに燃えるでしょう。「恋愛の障害」は獅子座にとって恋を燃やす油のようです。そしてこの二人の間には、なぜかそのようなドラマ性があります。
  ただ、水瓶座としては、獅子座の恋愛にかける情熱に最初は感激しますが、どこか醒めた目で見てしまいそうです。そのクールさが獅子座には「愛がまだ足りない」と思わせてしまうでしょう。ますます強引になりそうです。
  しかし、水瓶座も恋愛を楽しむときは、発想のおもしろさで恋に意外性を持たせますから、そのときは獅子座はもう楽しくて仕方がないようです。しかし、つき合ううちに獅子座が男性なら、その傲慢さとか、水瓶座を「従える」感じに水瓶座は反発するでしょう。獅子座が女性なら、恋がすべてといった感じが水瓶座には野暮に見えてくるかもしれません。惹かれつつ、反発しながらつき合っていく不思議なカップルのようです。
●今後12か月の恋の進展
*獅子座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2007年)の12月下旬頃から始まった恋愛、あるいは、変化した恋愛はいくぶん「尽くし愛」になりそうです。もし、この頃に新たに始まった恋愛であれば、バイト先で芽生えた恋愛のようで、これも「尽くし愛」の傾向があります。前からの恋愛やこれから始まる恋愛で「尽くし愛」の傾向のものは2008年一杯続くでしょう。相手は陽気で、少し騒がしい人ですが、寛容で高尚な人のようです。外国人の可能性もあります。
  また、去年の9月中旬頃に始まった恋愛、あるいはこの頃を境目にして変化した以前からの恋愛は、変化のあまりない、いくぶん退屈な恋愛になるかもしれません。マンネリ化したり、現状維持の傾向になることも考えられます。これは2年ほど続きます。この2年の間にこうした恋愛が発生する可能性もあります。相手は真面目で、いくぶん面白味のない人かもしれません。年が離れている場合もあるでしょう。こうして見ると、今年は「尽くし愛」の陽気な人か、「退屈な恋愛」の真面目な人との恋愛が展開しそうです。
*恋愛の展開
  2月から3月上旬にかけて水瓶座はスター運でモテモテ運です。さらに恋愛では情熱的になっています。このとき、獅子座はパートナーに振り回される暗示があります。でもそこには楽しい感じもあるのと、この間、獅子座は恋愛で官能的でもあるので、獅子座は水瓶座に振り回されながらも恋愛を楽しんでいるようです。
  3月下旬から4月下旬にかけて獅子座はとても精神的に好調です。これは恋愛にもいい影響を与えます。水瓶座も楽しそうです。二人で旅に出るといいかもしれません。
  4月下旬から5月下旬は二人の不調な時期です。獅子座は父親や上司、あるいはバイトのことで、水瓶座は家や親、あるいはバイトのことで問題がありそうです。互いに思いやりが必要でしょう。
  時期が重なりますが、5月上旬から7月上旬にかけて、獅子座はなんだか鼻息が荒くなります。水瓶座はパートナーとトラブル運です。もし獅子座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、お手柔らかにお願いしたいものです。
  ただ、水瓶座には5月下旬から6月下旬にかけて恋愛で幸福で、この時期は、獅子座はまだまだ鼻息が荒いものの、調子がよさそうですから、ケンカしたり仲良くなったりする感じでしょうか。
  ここでも、少し時期が重なりますが、6月下旬から7月中旬にかけて獅子座には秘密の恋愛の暗示が出ます。水瓶座は注意していましょう。
  時期が重なり、いいこととよくないことが重なるときは、両方が起こる可能性があります。
  7月上旬から9月下旬にかけて、水瓶座は恋愛で官能的になります。でも、獅子座はそれをなんだか当たり前のことのように思っているようです。
  また、時期が重なりますが、7月下旬から8月下旬にかけて獅子座はスター運でモテモテ運です。水瓶座はパートナーに振り回される暗示です。獅子座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、かなり振り回されるでしょう。でも、獅子座は幸せそうですから、水瓶座はそれでも獅子座を喜ばせているようです。
  8月下旬から10月下旬にかけて水瓶座は精神的に充実し、強気になります。これは恋愛にもいい影響を与えます。獅子座も楽しそうです。二人で外国旅行などがいいかもしれません。
  時期が重なりますが、9月下旬から11月下旬にかけて、二人はまた忙しくなりそうです。水瓶座は父親や上司、あるいはバイトのこと、獅子座は家や親、あるいはバイトのことで振り回されたり、問題があったりします。こうしたことを水瓶座は理解すると同時に獅子座にも自分のことを理解してもらいましょう。
  10月下旬から12月一杯、獅子座は恋愛で幸福だったり、恋愛に情熱的だったりします。水瓶座も楽しそうです。ただ、水瓶座には11月中旬から12月上旬にかけて秘密の恋愛の暗示があります。でも獅子座には影響がなさそうです。秘密は恋愛でなく別な遊びなのかもしれません。
  12月下旬から2009年1月一杯、水瓶座は秘密を抱えたり、不安材料を持ったり、嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示があります。このとき獅子座は体調を崩したり、急病だったり、あるいはバイトがものすごく忙しかったりしています。水瓶座は獅子座を疑わなくていいでしょう。それより、水瓶座は12月中旬から2009年1月一杯、モテモテ運とスター運が続き、獅子座はパートナーに振り回されるでしょう。なんだか獅子座が大変のようです。水瓶座はあまり獅子座に心配をかけず、多くを要求しないようにしましょう。

 

乙女座

★水瓶座からみた乙女座の恋人
  水瓶座にとって乙女座は、なぜかちょっかいを出してみたくなる相手のようです。とても扱いやすい相手で、考えていることが手に取るように分かってしまいます。おまけに水瓶座の発想や行動に、尊敬心まで持ってくれるでしょう。しかし、乙女座にはつき合っている水瓶座ほどのスケールと発想の飛躍はありません。分かれば分かるほど、乙女座がつまらなくなるでしょう。また、水瓶座の真実のアドバイスは乙女座にとってはキツ過ぎるでしょう。そうなると、水瓶座は相手を人間的に高めてあげようとする意欲がなくなって、適当に楽しくつき合っていく感じになります。その意味では恋愛が遊びになってしまう可能性が高いようです。
  それなのに乙女座は水瓶座がとても自分に優しいので、つき合いが心地いいようです。つまり結果として水瓶座は乙女座を甘やかしてしまいます。最悪の場合は誘っておいて捨ててしまう結果になりがちです。飽きてしまったら、なるべく傷つけずに早めに別れてあげましょう。
●今後12か月の恋の進展
*乙女座の今後12か月の恋愛傾向
  去年の9月上旬過ぎから、乙女座に「年長者か山羊座か山羊座タイプの人」が現われたかもしれません。これは、時と場合によって吉凶が異なる恋愛です。いくぶん禁欲的で、つつましい恋愛のようで、落ち着いた交際になるでしょう。でも、この人とは、ときにつらい恋愛になるかもしれません。この恋愛で一種の修行をする人もいるでしょう。この恋愛にはまると、2年ほど続くかもしれません。
  でも、去年(2007年)の12月下旬頃から、とても幸福な恋愛運が始まりました。新しい恋愛が始まる場合でも、今までの恋愛が変化したものであっても、この恋愛はとてもいいでしょう。この時期に始まった恋愛の相手は射手座か、射手座タイプ(魚座か魚座タイプの可能性もあります)で、明るくて高潔で寛容な人。少しそそっかしいかもしれません。外国人の可能性もあります。これは2008年一杯続きます。この恋愛運にのれるといいですね。こうして見ると、今年は「つつましい恋愛」の真面目で年長者か、「幸福な恋愛」の明るい人との恋愛が展開されそうです。
*恋愛の展開
  2月から3月上旬にかけて水瓶座はスター運とモテモテ運で、しかも恋愛にはかなり積極的です。でも、この期間、乙女座は少し大変です。まず、ケガや急病の暗示があります。あるいはバイトが非常に忙しいでしょう。おまけに、この間の2月下旬から4月上旬にかけてパートナーとの間で問題があったり、振り回されたりしています。水瓶座はよほど乙女座の事情を理解しておく必要があります。もし乙女座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、あまり多くを要求してはいけません。
  3月下旬から4月一杯、乙女座は少し恋愛で官能的になります。水瓶座はこれを悪いことと思っていません。二人はアツアツのようです。
  4月下旬から5月下旬にかけて、乙女座は精神的に充実します。これは恋愛にもいい影響を与えます。このとき水瓶座は家や親、あるいはバイトのことで忙しいのですが、乙女座と上手につき合っているのでしょう。
  問題は、5月中旬から7月上旬にかけて、乙女座は嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示が出ることです。水瓶座はパートナーとの間にトラブル運です。もし乙女座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、水瓶座は乙女座のことで何かしなければならないかもしれません。また、5月下旬から6月下旬にかけて水瓶座は恋愛でとても幸福ですが、乙女座はその同じ時期に、父親や上司、あるいはバイトのことで忙しく振り回されています。乙女座は自分の大変さをおして水瓶座を喜ばせているようです。水瓶座はここでも乙女座の事情をよく理解しておく必要があります。
  7月上旬から9月下旬にかけて、乙女座がファイトを出してきます。モテモテ運やスター運も出ます。このとき水瓶座は恋愛で官能的です。二人はいい感じのようです。ただ、水瓶座はパートナーに振り回される傾向です。乙女座は、ファイトがあるものの何か不安材料があったり、ちょっと秘密の恋愛の暗示も出たりします。水瓶座はこれには少し注意が必要です。
  8月下旬から10月下旬にかけて、水瓶座は精神的に強くなり、充実します。優雅にもなります。このとき乙女座はお金のことが頭を占めています。二人の関心事が異なりそうですが、水瓶座の恋愛運がいいので、二人の恋愛は順調なのでしょう。
  10月上旬から11月下旬にかけて、水瓶座は父親や上司、あるいはバイトのことでトラブルやら問題やらを抱えます。このとき乙女座は勉強や旅で忙しいようです。二人の恋愛は停滞するかもしれません。
  また、11月下旬から12月一杯、乙女座は家や親、あるいはバイトのことでトラブルや問題が発生しそうです。このとき水瓶座は友だちづき合いが忙しいようです。水瓶座はパーティや集まりが多いでしょうが、乙女座の大変さを思いやることが必要です。
  そんな乙女座ですが、11月下旬から2009年1月一杯、恋愛で幸福だったり、恋愛に積極的になります。このとき水瓶座は秘密の恋愛に迷ったり、不安材料があったり、嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示があるものの、同時に恋愛で幸福だったり、スター運だったりします。水瓶座は、少し恋愛ではふらふらしているかもしれませんね。乙女座は少し家や親、あるいはバイトのことで忙しいにしろ、恋愛は楽しそうです。

 

天秤座

★水瓶座からみた天秤座の恋人
  天秤座はセンスがよくて、カッコよくて、しかもおしゃべりが大好きで、そして強い星です。まさに水瓶座にとって理想的な恋人になるでしょう。少し融通がきかないところがある水瓶座をその行動力で助けてくれ、人生を導く役目をしてくれそうです。天秤座へは愛と同時に尊敬が生まれるでしょう。
  天秤座も水瓶座の変わらぬ愛に安心するでしょう。そして、水瓶座のユニークな発想で天秤座自身の人生も大きく切り開くことができそうです。だから天秤座にも水瓶座への愛と同時に尊敬心も生まれてきます。ただ、天秤座はカッコの悪いことはやりたくない気分が人一倍強いですから、その汚れ役を水瓶座が少々引き受けてやるといいでしょう。そうすることで天秤座はますます水瓶座を頼みにしてきます。そして、天秤座のいやがる程度の汚れ役なんて水瓶座にとって何でもないことのはずです。
●今後12か月の恋の進展
*天秤座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2007年)の12月下旬頃から始まった恋愛、あるいは、その頃から変化した恋愛は多少停滞するか、家族に反対される、ちょっとつらい恋愛になる可能性があります。あるいは恋人に振り回される恋愛になりそうです。この時期以降に出会う人との恋愛もそのような恋愛になりがちです。でも、この相手は陽気で、にぎやかな人です。外国人の可能性もあります。
  注意したいのは、人によっては「いけない恋愛」「つらい恋」を始めてしまっているかもしれないことです。これは去年(2007年)の9月頃から始まったかもしれません。以前からの恋がそのように変化する場合もあります。その相手は真面目で、大人びた人か、年齢が離れているかもしれません。そして、その恋愛はあまり幸せではなさそうです。この恋愛を始めてしまうと、ほぼ2年ほど続きそうですから、よく考えましょう。暗い感じの人、悲観的な考えの人、あるいは年上で、かなり年が離れている人は避けたほうがいいでしょう。どうも今年は、あまり楽しい恋愛を期待できないようです。
*恋愛の展開
  2月から3月上旬にかけて、水瓶座はスター運とモテモテ運が続きます。そして恋愛にはかなり積極的になっています。そして、天秤座も恋愛で幸福です。二人はアツアツのようです。ただ、天秤座は家や親、あるいはバイトのことで大いに振り回されています。体調もおかしかったりしています。水瓶座は天秤座の事情をよく理解しておきましょう。
  3月上旬から5月上旬にかけて、天秤座は父親や上司、あるいはバイトのことでトラブル傾向です。しかもパートナーからのプレッシャーや振り回しもあります。水瓶座はケガや急病、あるいはバイトが非常に忙しくなっています。天秤座は水瓶座のそんな状況を心配しているかもしれません。もし天秤座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、水瓶座は天秤座にあまり多くを要求しないことです。
  時期が重なりますが、4月下旬から5月下旬にかけて、天秤座は恋愛で官能的です。水瓶座は家や親、あるいはバイトのことが問題のようで、天秤座の情熱は少し煩わしいかもしれません。
  時期が重なり、いいこととよくないことが重なるときは、両方が起こる可能性があります。
  ここでも時期が重なりますが、5月中旬から7月上旬にかけて、水瓶座はパートナーからのプレッシャーを受けます。天秤座がすでにパートナーになっているとしたら、天秤座はその時期に友だちづき合いや友だちとのイベントで忙しいようです。水瓶座は少し不満かもしれません。でも、5月下旬から6月下旬にかけて、水瓶座は恋愛で幸福です。天秤座も楽しそうです。天秤座は、この時期はちゃんと水瓶座を喜ばせているでしょう。6月下旬から7月上旬頃は、手紙や電話やメールで愛を確かめ合っています。
  7月上旬から9月下旬にかけて、天秤座は少し精神的によくない状態になります。裏切り、忘恩、不敬など、人間が悪くなる感じです。水瓶座は恋愛でかなり官能的です。そしてパートナーに大いに振り回されるでしょう。天秤座が他人を疎かにしないように、正義と慈悲を実行するように天秤座にアドバイスしましょう。
  時期が重なりますが、8月下旬から10月上旬にかけて天秤座はファイトとエネルギーにあふれます。何かに夢中になるかもしれません。水瓶座も精神的な強さが出ます。二人でちょっと冒険的なことにチャレンジするかもしれません。これは恋愛にもいい影響を与えます。二人で外国旅行は楽しそうです。
  ただ、11月上旬になると、水瓶座は父親や上司、あるいはバイトのことでトラブル傾向が出ます。このとき、天秤座は何かお金のことに関わっています。こうしたことは少し恋愛に影響を与えそうです。二人の恋愛は現状維持でしょう。
  11月下旬から12月一杯、天秤座は勉強やペーパーワーク、旅、兄弟姉妹や親戚に関して楽しそうです。水瓶座は友だちづき合いが楽しそうです。二人で旅に出たり、パーティに出席するといいでしょう。
  11月中旬頃から2009年1月一杯、天秤座は家や親、あるいはバイトのことで問題やらトラブルがありそうです。このとき、水瓶座は何か不安材料を抱えていたり、あるいは嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示があります。天秤座が浮気する気配がないので、嫉妬は無用かもしれません。さらに、時期が重なりますが、12月中旬から2009年1月一杯、天秤座は恋愛で楽しそうです。水瓶座もモテモテ運とスター運が続きます。互いに何か問題を抱えながらも、二人は相思相愛のようです。

 

蠍座

★水瓶座からみた蠍座の恋人
  最初の恋愛ムードがおさまるとすぐにあまりの気質の違いに別れの予感を持つかもしれません。蠍座は情の人で水瓶座は知の人。互いの価値観も異なり、互いに理解することも少ないでしょう。長くつき合ううちに「まあ、勝手にやってよ」という感じになるかもしれません。
  しかし、二人とも誠実で、恋愛でもいちど始めたら決定的な事件がない限り、ずっとつき合い続けるかもしれません。決定的なことがあって別れようと決心したら、それこそテコでもその決心を変えないにちがいありません。これが蠍座に非がある場合は、蠍座はしつこく復縁を迫るでしょう。水瓶座に非があるときは、蠍座は何らかの仕返しをするかもしれません。それでも蠍座の愛を得ようとするなら、蠍座には言葉でなく自分の行動が大事だと思いましょう。蠍座は貴重な情報よりも、役に立つ行動、ある意味で奉仕を要求してきます。もちろん蠍座も相手に大いに尽くすのですが、行動と同時に情報も大事な水瓶座にはこれはかなり厄介なことでしょう。
●今後12か月の恋の進展
*蠍座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2007年)の12月下旬頃から始まった恋愛、あるいはその頃から変化した恋愛、そして今年生まれる恋愛は、「通信」や「乗り物」が関係するものになりそうです。これは、単純に解釈すれば「遠距離恋愛」かもしれません。ただ、有益な恋愛のようで悪くありません。この恋愛は2008年一杯続きます。相手は陽気で、楽しい人のようです。
  もう一つは、去年(2007年)の9月上旬から中旬に新しく始まった恋愛があります。以前からの恋愛が変化したかもしれません。それは友情のような恋愛のようです。そして今、恋人がいない人は友だちに紹介された人をマークしましょう。その人との恋愛がありそうです。また、パーティや集まりの中にも、いい人がいそうです。いろいろな集まりにはマメに出席してください。出会う人がかなり年が離れている人か、とても大人びた、真面目な人なら、こちらの「友情のような恋愛」になりそうです。こちらの恋愛は2年ほど続きます。
*恋愛の展開
  2月から3月上旬にかけて、水瓶座はスター運とモテモテ運が続き、恋愛にもとても情熱的です。このとき蠍座は、家や親、あるいはバイトのことが問題だったりしますが、恋愛ではとても官能的で、この間、恋愛でも幸福な時期があります。二人はアツアツかもしれません。
  3月上旬から5月上旬にかけて、蠍座はとても精神的に強くなります。これは恋愛にもいい影響を与えます。ただ、水瓶座はこの期間、ケガや急病、あるいはバイトが非常に忙しそうです。蠍座にはちゃんと自分の状況を伝えておきましょう。
  3月中旬から4月上旬にかけて、蠍座は恋愛で引き続き幸福そうです。このとき水瓶座も少し落ち着いていて、二人の恋愛は順調でしょう。
  4月下旬から5月下旬にかけて、蠍座はパートナーからプレッシャーを受けます。水瓶座は家や親、あるいはバイトのことで問題がありそうです。これは恋愛にはあまりいい影響を与えません。互いに思いやりを持ちましょう。
  時期が重なりますが、5月中旬から7月上旬にかけて、水瓶座はパートナーとの間でトラブルがあるかもしれません。蠍座は父親や上司、あるいはバイトのことでトラブル傾向です。もし蠍座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、水瓶座は蠍座の事情を理解しておくほうがいいでしょう。少しお手伝いをすることになるかもしれません。互いに思いやりが必要です。
  しかし、その間、5月下旬から6月下旬にかけては、水瓶座は恋愛で幸福です。蠍座はこのとき恋愛でとても官能的のようです。二人は互いに苦労を抱えながらもアツアツでしょう。また、蠍座も6月下旬から7月下旬にかけて精神的に充実したり、優雅になったりして、これが恋愛にもいい影響を与えます。
  時期が重なりますが、7月上旬から9月下旬にかけて水瓶座は恋愛でとても官能的になります。これを蠍座は悪く思っていません。ただ、それでも水瓶座はパートナーに振り回され、蠍座は父親や上司、あるいはバイトのことで振り回されています。
  時期が重なり、いいこととよくないことが重なるときは、両方が起こる可能性があります。
  ここでも時期が重なりますが、8月下旬から10月上旬にかけて、蠍座は嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示があります。水瓶座はこのとき、精神的に強くなっています。蠍座は水瓶座の強さに困惑しているかもしれません。でも、この間、9月下旬から10月下旬にかけて蠍座はモテモテ運です。水瓶座も精神的に充実していて、それが恋愛にもいい影響を与えます。いろいろありながら二人の恋愛はなんとか順調でしょう。
  時期が重なりますが、10月上旬から11月下旬にかけて、蠍座は気が強くなります。おまけにスター運です。これは恋愛にもいい影響を与えます。でも、このとき水瓶座は父親や上司、あるいはバイトのことでトラブル傾向です。この時期は、蠍座が一方的に恋愛の主導権をとっているかもしれません。
  11月中旬から12月中旬にかけて水瓶座に秘密の恋愛の暗示が出ますが、蠍座には影響がないので、秘密は恋愛でなく、別なことかもしれません。
  12月中旬から2009年1月一杯、水瓶座はモテモテ運やらスター運が続きます。恋愛も好調です。蠍座はこのとき、家や親、あるいはバイトのことで忙しく振り回されていますが、その一方で勉強やペーパーワーク、旅、兄弟姉妹や親戚に関して好調です。二人で旅に出るなどするといいでしょう。ただ、水瓶座は2009年1月一杯、嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示があります。でも蠍座を疑わなくていいでしょう。

 

射手座

★水瓶座からみた射手座の恋人
  射手座との恋愛はサークルとか会合での友だちづき合いから始まるケースが多いようです。あるいはバイトなどの職場で知り合うケースでしょう。友だちのはずがいつしか恋人になっていきそうです。その境目があまりはっきりしないかもしれません。しかし、友だちとしてのつき合いがあるので、相手のことを十分に知っているので恋愛になっても嫌気がさすことはないでしょう。
  射手座は一人遊びが上手な星座で、本当に興味を持ったものでないと自分から積極的にアプローチしません。友情から発展している恋愛なら水瓶座がリードしたほうがいいでしょう。射手座がどんなことに興味を持っているのかを研究して、いろいろなところへ連れ出してあげましょう。気をつけたいのは射手座は自由が何よりも大切な星です。そこを理解して、束縛せず、強制せず、一種のつかず離れずでいたほうが向こうからくっついてくる確率が高くなります。その点、水瓶座は人を拘束しないから、射手座は水瓶座に不満がないようです。恋人というより、友だちや兄弟姉妹のような感じになりそうですね。それでもとてもいい相性です。
●今後12か月の恋の進展
*射手座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2007年)の12月下旬頃に始まった恋愛、あるいはその頃に変化した恋愛は、いくぶん現状維持かマンネリの恋愛になります。また、この時期(2007年12月下旬頃)に始まった恋愛は、地味でお金が問題になりそうな恋愛かもしれません。「マンネリの恋愛」や「お金が問題の恋愛」は2008年一杯続きます。
  もう一つ、射手座はかなり年長で、渋い、大人の雰囲気を持った人とのつき合いをしている人がいましたが、この恋愛は去年(2007年)の9月上旬から中旬頃に変化していきました。この時期から変わっていく恋愛、もしくは始まる恋愛はあまり健全とはいえないようです。変わっていく恋愛のほうでは、射手座に「恋愛よりバイト」といった傾向が出そうです。この時期から始まる恋愛もいくぶん打算的な要素のあるものかもしれません。こうした恋愛は2年ほど続くでしょう。
*恋愛の展開
  2月から3月上旬まで、水瓶座はスター運とモテモテ運が続きます。さらに恋愛にかなり積極的になっています。このとき射手座はパートナーとの間でトラブル運です。もし射手座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、水瓶座は自分が調子いいからといって、射手座に多くを要求してはいけません。そうでなくても射手座はこの間、家や親、あるいはバイトのことで振り回されてもいるのです。
  3月上旬から5月上旬にかけて、射手座は恋愛で官能的です。その間、恋愛で幸福な時期もあります。このとき水瓶座はケガや急病をしたり、バイトが忙しくなるかもしれません。でも、水瓶座は自分の大変さをおして射手座を喜ばせているのでしょう。
  4月下旬から5月下旬にかけて、水瓶座は家や親、あるいはバイトのことで問題があったりします。このとき射手座は体調を崩したり、バイトが忙しかったりしそうです。恋愛は少し停滞するでしょう。
  時期が重なりますが、5月上旬から7月上旬にかけて、射手座はとても精神的に強くなり、何かに挑戦するようです。外国が関係するかもしれません。このとき、水瓶座はパートナーとの間でトラブル運なのですが、恋愛そのものは幸運で、その幸運は5月上旬から始まり、5月下旬に本格化して、6月下旬にピークを迎え、そしてそれ以後7月中旬頃まで電話やメールで愛を確認するような傾向がありますから、心のどこかで、相手にイライラすることがあっても恋愛で幸福な時期が続くでしょう。また、射手座は、このまったく同じ時期にパートナーからプレッシャーや振り回しにあいます。でも、恋愛で官能的になっている時期もあり、パートナーに振り回されながらも恋愛を楽しんでいるようです。射手座がパートナーになっているなら、水瓶座は射手座に手加減が必要です。あまりわがままを言わないように。
  7月下旬から9月下旬にかけて、射手座は父親や上司、あるいはバイトのことで吉凶混合。同時に、精神的にはとてもいい状態です。水瓶座はパートナーに振り回されながらも、恋愛では官能的になっています。なんとか二人とも恋愛を楽しんでいるようです。
  時期が重なりますが、8月下旬から10月上旬にかけて、水瓶座は精神的にとてもいい状態になります。何かにチャレンジしているのかもしれません。射手座も自分の好きなことに専念できるようで、調子がいいでしょう。二人の恋愛は順調のようです。
  10月上旬から11月下旬にかけて、射手座に嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示があります。もっともその間、モテモテ運も出ます。水瓶座はその期間、父親や上司、あるいはバイトのことでトラブルなどの暗示があります。恋愛以外で二人とも大変かもしれませんが、恋愛はなんとか楽しんでいるようです。
  11月中旬から12月一杯、射手座は精神的に充実し、スター運になり、強気になります。これは恋愛にはいい影響を与えます。同じ期間、水瓶座は友だちづき合いを楽しんでいますが、二人の恋愛は好調のようです。ただ、水瓶座には11月中旬から12月上旬にかけて秘密の恋愛の暗示がありますが、射手座は傷ついていないようですから、これはたぶん、秘密が恋愛でなく別のことかもしれません。
  12月中旬から2009年1月一杯、水瓶座はモテモテ運とスター運が続きます。射手座は同じ時期に勉強や旅の運が強くなります。一緒に勉強したり旅に出るといいでしょう。注意したいのは2009年1月一杯、水瓶座に嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示が出ることです。ただ、この時期の水瓶座のスター運を考えると、嫉妬でなく、何かのことでの急な変更のようなアクシデントに過ぎないかもしれません。

 

山羊座

★水瓶座からみた山羊座の恋人 
  水瓶座が山羊座とつき合っているとしたら、ゲットされたか、あるいはゲットしたつもりでも、本当はゲットされていた可能性が高いようです。つき合いが長くなると、水瓶座はどうして自分はこの人が好きになったか不思議に思いそうです。
  つき合いが長くなるにつれて、水瓶座は山羊座にどうしてもかなわない感じを持つかもしれません。いつも言いくるめられたり、都合よく使われてしまいそうです。それでも何となく別れられないで、一種の腐れ縁になるかもしれません。
  水瓶座は山羊座といると自分の個性を強く出せないパターンになります。山羊座は保守的で水瓶座はいわば前衛的です。水瓶座のユニークさが山羊座には単なる非常識にしか見えないのです。水瓶座の未来予測など、「いい年しているのに子どもっぽい空想をしている」としか思えません。
  山羊座が男性の場合は水瓶座は尽し愛になってしまうでしょう。山羊座が女性の場合は、水瓶座は上手に操られる可能性が強くなります。何となくすっきりしないのですが、それでも頭が上がらないというパターンに陥りやすいでしょう。山羊座との別れはひょっとすると暴力が伴うかもしれません。
●今後12か月の恋の進展
*山羊座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2008年)の9月に乙女座に入った「試練の星」のいい影響で、山羊座の精神が以前よりも安定しています。それは恋愛にもいい影響を与えます。乙女座に入った「試練の星」に導かれて出会う人は誠実で、大人の雰囲気を持った人です。かなり年長者かもしれません。自分と同じ山羊座か山羊座タイプの人になりそうです。この恋愛は「大人の恋愛」かもしれません。この恋愛は2年ほど続くでしょう。
  また、去年(2007年)の12月下旬から山羊座に12年に1度の幸運期が訪れています。人生が発展する時期です。これは恋愛にもとてもいい影響を与えます。これからは新しい出会いもありそうで、去年(2007年)の12月下旬に始まった恋愛、あるいは前からの恋愛で、この時期に変化した恋愛はとても幸福な恋愛になりそうです。相手は高尚な人。朗らかで、寛容で、才能がありそうです。外国人との恋愛もあるかもしれません。この幸福な恋愛は2008年一杯続きそうです。
*恋愛の展開
  2月から3月上旬にかけて水瓶座はスター運やモテモテ運が続きます。さらに恋愛にも情熱的でしょう。この期間、山羊座はケガや急病、あるいはバイトが非常に忙しかったりしますが、山羊座もスター運だったり恋愛で幸福だったりします。二人は楽しそうです。ただ、山羊座にはちょっと秘密の恋愛の暗示もあります。その相手が水瓶座ということも考えられるのですが。
  3月上旬から5月上旬にかけて、山羊座はパートナーとの間でトラブル傾向です。おまけに家や親のことでも問題を抱えたりします。このとき水瓶座はケガや急病、あるいはバイトが非常に忙しい暗示があります。ひょっとすると、こうしたことで山羊座にプレッシャーをかけるのかもしれません。山羊座の事情も理解しておいてあげましょう。
  ただし、この間、4月下旬から5月下旬にかけて、山羊座は恋愛でとても幸福な時期になります。このとき水瓶座は家や親、あるいはバイトのことで問題がありそうですが、きっと、自分の苦労をおして山羊座を喜ばせているのかもしれません。
  時期が重なりますが、5月上旬から7月上旬にかけて、山羊座は恋愛でとても官能的になります。このとき水瓶座はパートナーとの間でトラブル傾向です。もし山羊座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、山羊座にはお手やわらかに願いたいものです。
  ただ、水瓶座も、5月下旬から6月下旬にかけて、恋愛でとても幸福な時期があります。大変とはいっても、恋愛でアツアツの時期もありそうです。
  6月下旬から7月下旬にかけて、水瓶座は体調が悪いか、あるいはバイトが忙しそうです。このとき山羊座はパートナーとの間で問題がありそうです。山羊座がすでにパートナーになっているとしたら、山羊座は水瓶座からプレッシャーを感じているかもしれません。
  時期が重なりますが、7月上旬から9月下旬にかけて、山羊座はとても精神的に強く、充実します。これは恋愛にもいい影響を与えます。このとき、水瓶座は恋愛で官能的です。恋愛へのアプローチが少し違いますが、二人は恋愛を楽しんでいるでしょう。ただ、7月下旬から8月下旬にかけて、水瓶座はパートナーに振り回されます。少しお手柔らかに願いたいものです。
  時期が重なり、いいこととよくないことが重なるときは、両方が起こる可能性があります。
  ここでも、時期が重なりますが、8月下旬から10月下旬にかけて、山羊座は父親や上司、あるいはバイトのことでトラブルやら、問題やらを抱えます。このとき水瓶座は精神的に強く、充実しています。これは恋愛にもいい影響を与えます。山羊座は大変な時期ですが、それでも水瓶座を楽しませているようです。水瓶座は山羊座の事情を理解しておきましょう。
  10月上旬から11月上旬にかけて、今度は水瓶座が父親や上司、あるいはバイトのことでトラブルやら問題やらを抱えます。そのとき山羊座は友だちづき合いに忙しいかもしれません。少し恋愛は停滞しそうです。そして10月中旬から11月中旬にかけて山羊座に秘密の恋愛の暗示があります。ただ、このとき水瓶座はそれにほとんど影響されないようで、山羊座の秘密は恋愛でなく別のことかもしれません。
  11月中旬から12月一杯、山羊座は嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示があります。このとき水瓶座は友だちづき合いとか自分のやりたいことに専念しています。山羊座が独り相撲をとっているか、あるいは山羊座は嫉妬などしていなくて、単にアクシデントか、変質者からの迷惑だけの暗示かもしれません。でもその意味では水瓶座は山羊座のことを見守る必要があります。
  そんな山羊座ですが、11月中旬から12月中旬にかけてモテモテ運です。このとき水瓶座は秘密の恋愛の暗示もあるのですが、そうだとしても楽しそうで、たぶん二人の恋愛は好調でしょう。
  また12月中旬から2009年1月一杯、水瓶座はモテモテ運やスター運が続きます。山羊座も12月下旬から2009年1月一杯はスター運で気が強くなっているでしょう。二人の恋愛は好調のようです。もっとも水瓶座は2009年1月一杯は嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示もあります。これには少し注意が必要かもしれません。

 

水瓶座

★水瓶座からみた水瓶座の恋人
  同じ星ですから、つき合い始めてすぐに相手の考えが読めるようになるでしょう。それで恋愛がスムーズにいけばいいのですが、ひょっとしてすぐに退屈になってしまうかもしれません。何か話しても反応が分かりきってしまいそうです。あるいは、たがいに理屈を戦わせて、空回りするかもしれません。そのときは互いにイライラしそうです。できるなら、二人がまるで違った世界を持っているか、かなり年が離れているほうがいいでしょう。
  しかし水瓶座の愛は基本的には同志愛、戦友愛です。一緒にいるとそうした気分がぴったりと一致していいかもしれません。何か障害があれば一致協力して解決にあたるでしょう。そこに同士愛が生まれそうです。ただし、相手に飽きてくれば、あまり人に執着しない性格だから、別れはあっさりとするようです。この組み合わせでは恋人というよりパートナーがいいようです。恋人は互いを見つめ合いますが、それでは退屈します。パートナーは共通の何かを一緒に見つめます。これなら協力が生まれるでしょう。
●今後12か月の恋の進展
*水瓶座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2007年)の9月上旬は恋愛での分岐点でしたが、以前からの恋愛で、この時期から変わっていった恋愛、あるいは、この時期から始まった恋愛は少し官能的です。ときには嫉妬に苦しむかもしれません。こうした恋愛は2年ほど続くでしょう。
  また、去年(2007年)の12月下旬から始まった恋愛、あるいはその頃を境目にして変わった恋愛は、秘密の恋愛、あるいは奉仕的な恋愛になりそうです。その相手は年長者で、大人びていますが、保守的で、まじめ過ぎるかもしれません。水瓶座のユニークな発想を理解してくれない人のようです。恋愛は不自由な感じです。ただ、この傾向は2008年一杯までです。
*恋愛の展開
  2月から3月上旬にかけて、二人の水瓶座はスター運とモテモテ運が続きます。さらに恋愛ではとても情熱的になっています。この間、1月下旬から2月下旬にかけて二人ともにちょっと秘密の恋愛という暗示もあるのですが、これは、あまり問題にならないでしょう。二人の恋愛は好調のようです。
  3月上旬から5月上旬にかけて、二人にケガや急病、あるいはバイトが非常に忙しい状態が現われます。旅をすることがあるようですが、そのときはケガなどに注意したほうがいいでしょう。このときは、二人とも恋愛にはあまり熱意がなく、現状維持のようです。
  4月から5月下旬にかけて、二人ともに家や親、あるいはバイトのことで問題があったりして、忙しくなります。さらに5月上旬から7月上旬にかけてはパートナーとの間にトラブル傾向です。もし互いに恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、二人はかなり衝突することが考えられます。思いやりが必要です。
  ただし、この間、5月下旬から6月下旬にかけては、二人とも恋愛に関心が高く、また、恋愛で幸福です。問題がありながらも恋愛は進行するのでしょう。
  6月下旬から7月下旬にかけて、二人ともに体調が悪かったり、バイトが問題だったりします。互いに相手の事情を理解しておきましょう。手紙や電話やメールで愛を確かめ合うのはとてもいいことで、そうしたことをしているでしょう。
  もっとも、時期が重なりますが、7月上旬から9月下旬にかけて、二人とも恋愛でかなり官能的になりそうです。二人はアツアツのようです。
  ここでも時期が重なりますが、8月下旬から10月下旬にかけて、二人とも精神的に強くなり、充実します。これは恋愛にはとてもいい影響を与えます。二人で将来のことを語り合ったり、二人で何かに取り組むといいでしょう。ただ、この間、10月下旬から11月下旬にかけて、二人とも父親や上司、あるいはバイトのことで振り回されることがありそうです。
  時期が重なり、いいこととよくないことが重なるときは、両方が起こる可能性があります。
  父親や上司、あるいはバイトのことでは、二人とも10月上旬から11月下旬にかけて、そういったことでトラブルや問題が起こることがあります。互いに助け合うことが必要です。
  11月下旬から12月一杯、二人とも友だちづき合いが忙しくなります。パーティや集まりも多いでしょう。これは恋愛を邪魔しません。二人でグループの中に入ったりパーティに出席することはいいでしょう。
  ただ、この間、11月中旬から12月上旬にかけて二人に秘密の恋愛の暗示が出ます。少し気をつけましょう。
  12月中旬から2009年1月一杯、二人はモテモテ運とスター運です。二人の恋愛は好調でしょう。ただ、この同じ期間、二人とも不安材料を抱えたり心配事がありそうです。おまけに1月一杯は、嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示もあります。それに事故や動物からの害、変質者からの迷惑などには互いに注意が必要かもしれません。それでも、万一そういうことが起こったとしても、大きなダメージにはならないでしょう。

 

魚座

★水瓶座からみた魚座の恋人
  魚座はとても扱いやすい相手になるでしょう。魚座から何かダメージを受けることはないですが、水瓶座が逆にダメージを与えてしまう可能性は高いかもしれません。魚座は相手に合わせて、相手のために自己犠牲したり、何かしてあげようとするけなげさがありますが、水瓶座は、人が自分のために犠牲になるなどは耐えられないし、自分を殺してまで何かする行為が主体性のなさに見えてしまうでしょう。しかし、魚座がそれで満足しているのを見ると、この人はそれが好きなんだと解釈して、水瓶座は魚座の献身を利用してしまうかもしれません。
  恋愛でも水瓶座が一方的にリードするでしょうが、それでも何だか物足りないかもしれません。魚座の言動は、水瓶座にとってはいいい加減で論理的でないので、無視してしまいそうですし、デートでも遅刻するし、何かキツいことを言うと、すぐに泣いたりしてイライラしそうです。二人にとってあまり幸福な恋愛ではないですが、不思議なことに魚座自身ははっきりとした不満を持たないようです。別れは水瓶座のほうから宣言してしまいそうです。
●今後12か月の恋の進展
*魚座の今後12か月の恋愛傾向
  去年(2007年)の9月上旬頃から始まった恋愛、あるいはその頃に変化した恋愛は多少キツい感じがあるかもしれません。そして、その人が恋人というよりパートナーになるとすると、その人から、多少、何らかの「修行」を課せられそうです。その修行は結果としては、魚座を人間的に、あるいは能力的に成長させてくれそうです。また、今年もそういう人に出会う可能性もあります。この恋愛は2年ほど続きます。
  去年(2007年)の12月下旬から始まった恋愛、あるいはその頃から変化した恋愛はいくぶん「友愛」といった感じの恋愛になりそうです。これは友だち感覚のつき合いで、ちょっと愉快かもしれません。この恋愛は2008年一杯続きます。グループの中に恋人を見つける人もいます。友だちから紹介された人も恋人になる可能性が高いようです。
*恋愛の展開
  2月から3月上旬にかけて、水瓶座はスター運とモテモテ運です。さらに恋愛にかなり積極的です。このとき、魚座は何か心配なこととか、不安材料があったりして、心が穏やかではありません。おまけに魚座はこの期間、家や親、あるいはバイトのことやパートナーとの関係でトラブル傾向です。でも、魚座は自分の問題を犠牲にして水瓶座を喜ばせているのでしょう。水瓶座はよほど魚座のことを思いやる必要があります。もっとも、この間、2月下旬から4月上旬にかけて魚座にもスター運とモテモテ運が出ます。魚座が本当に大変なのは2月下旬頃まででしょう。
  また、3月上旬から5月上旬にかけて魚座は恋愛でとても情熱的です。おまけにモテモテ運が重なります。水瓶座はケガや急病、あるいはバイトが非常に忙しいようですが、それでも魚座を喜ばせているようです。二人の恋愛は楽しそうです。
  4月下旬から5月下旬にかけて、水瓶座は家や親、あるいはバイトのことで問題がありそうですが、魚座は勉強や旅を楽しんでいるようです。恋愛は現状維持のようです。
  5月中旬から7月上旬にかけて、魚座はケガや急病、あるいはバイトが非常に忙しいでしょう。このとき水瓶座はパートナーのことでトラブル傾向です。魚座の事情が水瓶座にはプレッシャーかもしれません。
  しかし、5月下旬から6月上旬にかけて水瓶座は恋愛で幸福です。でも魚座はその同じ期間、家や親、あるいはバイトのことで問題やら振り回しにあっています。ここで水瓶座が恋愛で幸福だとしたら、魚座は自分の苦労をおして水瓶座を喜ばせているのでしょう。
  そんな魚座ですが、6月下旬から7月下旬にかけては、恋愛でとても幸福です。このとき水瓶座は体調が崩れていたり、バイトが忙しかったりしますが、今度は水瓶座が自分の大変さをおして魚座を喜ばせているようです。  
  時期が重なりますが、7月上旬から9月下旬にかけて魚座は再び苦労をしそうです。今度は人やパートナーとの関係でトラブルや問題がありそうです。このとき、水瓶座は恋愛で官能的になっています。水瓶座のこの情熱は魚座には少し煩わしいかもしれません。もし魚座が恋人というよりパートナーといったほうがいい間柄なら、水瓶座は少し手加減が必要でしょう。
  ただ、8月下旬になると魚座も恋愛で官能的で情熱的になります。それは10月下旬くらいまで続きそうです。このとき水瓶座は精神的に強く充実します。魚座の情熱をしっかり受け止めることができるでしょう。二人はアツアツかもしれません。
  10月上旬から11月下旬にかけて、今度は魚座が精神的に強くなり、充実します。でも、水瓶座はそのとき父親や上司、あるいはバイトのことでトラブル傾向です。水瓶座は魚座の強さを受け止めるために頑張らなければいけないかもしれません。でも、それはあまりむずかしいことではないでしょう。
  少しずつ時期が重なりますが、11月下旬から12月一杯、魚座は父親や上司、あるいはバイトのことで問題があったり、トラブル傾向です。このとき、水瓶座は友だちづき合いを楽しんでいますが、少し魚座の事情を理解しておきましょう。
  時期が重なり、いいこととよくないことが重なるときは、両方が起こる可能性があります。
  12月上旬から2009年1月一杯、水瓶座はモテモテ運とスター運が続きます。これは恋愛にとてもいい影響を与えます。ただ、このとき魚座は秘密の恋愛にはまっていたり、不安なことがあったりします。秘密の恋愛の相手が水瓶座であることも考えられます。ただ、水瓶座はこうしたことに影響されていないので、魚座の秘密は恋愛でなく別のことのようです。でも、魚座の心はあまり安定していません。
  時期がかなり重なりますが、2009年1月一杯、水瓶座にも不安要素や心配事もあり、ときには嫉妬に苦しんだり、変質者からの迷惑をこうむったりする暗示があります。この時期、二人とも心に安定したものがないのですが、とりあえず恋愛は進行しているようです。

 

 

−満天王topに戻る−